INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前小谷 信千代 ( おだに のぶちよ, Nobuchiyo Odani ) 著 (大谷大学短期大学部教授)
タイトル釈尊はなぜ「法」を採用したか
タイトル読みしゃくそんはなぜほうをさいようしたか
サブタイトル
タイトル(欧文)Why did Śākyamuni Use the Word Dharma?
サブタイトル(欧文)
該当ページ16-34
媒体名 仏教学セミナー
媒体名欧文 BUDDHIST SEMINAR
通号 58
ISSN 0287-1556
編者 大谷大学仏教学会
発行日1993-10-30
発行者大谷大学仏教学会
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   紀元前5,6世紀 インド (地域) 初期仏教 (分野)
  分野   初期仏教 インド (地域) インド仏教 (分野) 古代 (時代) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 部派仏教 (分野) ジャイナ教 (分野) 釈尊 (人物)
  人物   釈尊 原始仏教 (分野) 親鸞 (人物) インド仏教 (分野) 道元 (人物) 日蓮 (人物) 仏教学 (分野) 初期仏教 (分野) 法華経 (文献)
  文献   マハーバーラタ スッタニパータ ラーマーヤナ (文献) 叙事詩 (術語) ニーラカンタ注釈 (文献) インド学 (分野) マヌ法典 (文献) インド文学 (分野) バガヴァッド・ギーター (文献) リグ・ヴェーダ (文献) ダンマパダ (文献) 原始仏教 (分野) インド仏教 (分野) 仏陀 (人物) 釈尊 (人物) 中論 (文献) 初期仏教 (分野) 大毘婆沙論 (文献)
  術語   苦行者文献 輪廻 tapas スッタニパータ (文献) 輪廻 (術語) (術語) 解脱 (術語) 因果 (術語) 無我 (術語) 転生 (術語) 生死 (術語) 涅槃 (術語) 縁起 (術語) 苦行 (術語) ユング (人物) dhuta-vāda (術語) brahmacārin (術語) アタルヴァ・ヴェーダ (文献) araññaka (術語) ヨーガ (術語) dhyāna (術語) dharma (術語) (術語) ダルマ (術語) 法身 (術語) 非法 (術語) 原始仏教 (分野) 法性 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage