INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前浅野 玄誠 ( あさの げんせい, Gensei Asano ) 著 (大谷大学大学院)
タイトルサーンキヤ思想の歴史的展開の一視点
タイトル読みさーんきやしそうのれきしてきてんかいのいちしてん
サブタイトル識別智(vivekakhyāti)
タイトル(欧文)The Historical Development of Saāṃkhya Philosophy
サブタイトル(欧文)with special referefce to vivekakhyāti
該当ページ125-144
媒体名 大谷大学大学院研究紀要
媒体名欧文 RESEARCH REPORT IN THE GRADUATE SCHOOL OF OTANI UNIVERSITY
通号 1
編者 大谷大学大学院
発行日1984-10-01
発行者大谷大学大学院
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   紀元前4~紀元1世紀 10~14世紀 インド (地域) 10~14世紀 (時代) 紀元前4~紀元1世紀 (時代) インド哲学 (分野) 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 中国 (地域) 中国仏教 (分野)
  分野   インド哲学 サーンキャ学派 インド (地域) インド仏教 (分野) ヴェーダーンタ学派 (分野) ミーマーンサー学派 (分野) 古代 (時代) ヴェーダーンタ (分野) 仏教学 (分野) ジャイナ教 (分野) インド哲学 (分野) 原典翻訳 (分野) インド六派哲学 (分野) イーシュヴァラクリシュナ (人物) インド思想 (分野) 法救 (人物) 今西順吉 (人物) 因中有課論 (術語)
  人物   自在黒 ヴィジュニャーナ-ビクシュ サーンキヤ (分野) サーンキャ学派 (分野) ヴィジュニャーナ-ビクシュ (人物) サーンキャ (分野) 数論偈 (文献) 数論 (分野) バガヴァッド・ギーター (文献) 数論頌 (文献) 自在黒 (人物) サーンキャ・カーリカー (文献)
  文献   サーンキャ・カーリカー サーンキャ・スートラ ヴィジュニャーナ-ビクシュ (人物) サーンキャ・スートラ (文献) タットヴァサングラハ (文献) ヨーガ・スートラ (文献) イーシュヴァラクリシュナ (人物) ユクティディーピカー (文献) 唯識三十頌 (文献) パダールタ・ダルマサングラハ (文献) サーンキャ・カーリカー (文献) アートマン (術語)
  術語   アートマン ヨーガ学派 無明 識別智 ブラフマン (術語) プルシャ (術語) 無我説 (術語) 無我 (術語) 無明 (術語) 梵我一如 (術語) 仏性 (術語) アーラヤ識 (術語) サンーキヤの展開説と認転変説 (術語) ヴァイシェーシカ思想とアビダルマ (術語) アートマン (術語) 合一思想 (術語) 沙門 (術語) サーンキャ学派 (術語) 経量部 (術語) 渇愛 (術語) (術語) avidyā (術語) 真如 (術語) 無知 (術語) 如来蔵 (術語) 煩悩 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage