INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前関 稔 ( せき みのる, Minoru Seki ) 著 (駒沢大学北海道教養部教授)
タイトル生死観についての一考察
タイトル読みしょうじかんについてのいちこうさつ
サブタイトル仏教説話の場合
タイトル(欧文)On the View of Life-and-death in the Early Buddhist Tales
サブタイトル(欧文)
該当ページ85-103
媒体名 印度哲学仏教学
媒体名欧文 Hokkaido Journal of Indological and Buddhist Studies
通号 3
ISSN 09128816
編者 藤田宏達
発行日1988-10-30
発行者北海道印度哲学仏教学会
発行地札幌
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   古代インド インド (地域) インド仏教 (分野) インド思想 (分野) 紀元前5世紀以降 (時代) インド哲学 (分野) インド文学 (分野) 原始仏教 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド仏教 仏教説話 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) 日本仏教 (分野) インド仏教 (分野) 仏教学 (分野) 平安時代 (時代) 文学 (分野) 仏教 (分野) 仏教文学 (分野)
  人物   仏陀 原始仏教 (分野) インド仏教 (分野) 親鸞 (人物) 竜樹 (人物) スッタニパータ (文献) 初期仏教 (分野) 道元 (人物) 仏教学 (分野)
  文献   Avadānaśataka Dhammapada-Aṭṭhakathā Therīgāthā Divyāvadāna (文献) 撰集百縁経 (文献) Dīgha-Nikāya (文献) 授記 (術語) Aśokāvadānamālā (文献) Ratnamālāvadāna (文献) Mahāvastu (文献) Mahāparinibbānasutta (文献) Avadānaśataka (文献) Therīgāthā (文献) Theragāthā (文献) Suttanipāta (文献) Udāna (文献) Majjhimanikāya (文献) Dhammapada (文献) 頭陀行 (術語) Therāgāthā (文献) 福田 (術語)
  術語   saṃsāra 生死観 涅槃 輪廻 (術語) nirvāṇa (術語) asaṃskṛta (術語) māyā (術語) モザイク式哲学 (術語) 数論 (分野) pudgala (術語) karman (術語) 仏教 (分野) 正法眼蔵 (文献) 脳死 (術語) 臨終行儀 (術語) 日蓮 (人物) 捨聖 (術語) (術語) 法華玄義 (文献) 解脱 (術語) 仏性 (術語) nibbāna (術語) 滅諦 (術語) 菩提 (術語) 原始仏教 (分野) 如来 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage