INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前石飛 道子 ( いしとび みちこ, Michiko Ishitobi ) 著 (駒沢大学北海道教養部非常勤講師)
タイトルインド論理学派におけるvyāptiの概念
タイトル読みいんどろんりがくはにおけるvyaptiのがいねん
サブタイトルMaṇikaṇaの和訳と註解
タイトル(欧文)The Concept of vyāpti in the Nyāya School
サブタイトル(欧文)A Translation with Notes of the Maṇikaṇa
該当ページ75-85
媒体名 印度哲学仏教学
媒体名欧文 Hokkaido Journal of Indological and Buddhist Studies
通号 4
ISSN 09128816
編者 藤田宏達
発行日1989-10-30
発行者北海道印度哲学仏教学会
発行地札幌
本文
INBUDS IDIB00029957A
引用文献ID


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   11世紀以降 インド (地域) Navya-Nyāya (分野) インド新論理学派 (分野) 北インド (地域) インド学 (分野) インド哲学 (分野)
  分野   Navya-Nyāya 17世紀 (時代) Viśvanātha (人物) 11世紀以降 (時代) Maṇikaṇa (文献) 新正理学 (分野) 14世紀 (時代) Gaṅgeśa (人物) アンナンバッタ (人物)
  文献   Maṇikaṇa マニカナ (文献) Navya-Nyāya (分野) ニヤーヤ学派 (分野) Dinakarō (文献) Tattvacintāmaṇi (文献) Necessity (術語) Navyanyaāya (分野) avyāpti (術語)
  術語   avyāpti kevalānvayi-sādhyaka pratiyogin sādhyavad-anyāvṛttitva sādhyābhāvavad-avṛttitva vyāpti ativyāpti (術語) Maṇikaṇa (文献) kevalānvayi-sādhyaka (術語) avyāpti (術語) pratiyogin (術語) sādhyavad-anyāvṛttitva (術語) viśeṣana (術語) lakṣaṇa (術語) vyavyavaccheda,eva (術語) pakṣadharma (術語) sādhyābhāvavad-avṛttitva (術語) vyāpti (術語) 遍充 (術語) anumāna (術語) vyatireka (術語) インド論理学 (術語) Nyāyaratnamālā (文献) Navya-nyāya (術語) Necessity (術語) 法称 (人物)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage