INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前新田 雅章 ( にった まさあき, MASAAKI NITTA ) 著 (中京大学助教授)
タイトル智顗における禅から止観への展開の意味
タイトル読みちぎにおけるぜんからしかんへのてんかいのいみ
サブタイトル
タイトル(欧文)The Practical Meaning of Chih I's Adoptation of the Method of Practi-sing “chi-kuan”,the Method of Practising śamatha vipaśyana
サブタイトル(欧文)
該当ページ1-23
媒体名 宗教研究
媒体名欧文 JOURNAL OF RELIGIOUS STUDIES
通号 204
44
1
編者 日本宗教学会
発行日1970-10-31
発行者日本宗教学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   中国 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代)
  分野   中国仏教 天台宗 中国 (地域) 浄土教 (分野) 禅宗 (分野) 唐代 (時代) 天台宗 (分野) 日本仏教 (分野) 華厳宗 (分野) インド仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 智顗 (人物) 日本 (地域) 最澄 (人物) 伝教大師最澄 (人物) 真言宗 (分野) 平安時代 (時代)
  人物   智顗 天台宗 (分野) 中国仏教 (分野) 吉蔵 (人物) 湛然 (人物) 摩訶止観 (文献) 法華玄義 (文献) 日蓮 (人物) 慧思 (人物)
  文献   次第禅門 小止観 摩訶止観 摩訶止観 (文献) 智顗 (人物) 六妙法門 (文献) 小止観 (文献) 大智度論 (文献) 天台小止観 (文献) 法華経 (文献) 法華玄義 (文献) 次第禅門 (文献) 覚意三昧 (文献) 心理学 (分野) 禅の機能分析 (術語) 雑々抄 (文献) 観仏三昧海経 (文献) 法華文句 (文献) 中論 (文献)
  術語   止観 正修止観 修禅方法 念仏 (術語) (術語) 禅宗 (分野) 浄土 (術語) 浄土教 (術語) 止観 (術語) 鈴木大拙 (人物) キリスト教 (術語) 摩訶止観 (文献) 口伝法門 (術語) 禅定 (術語) 原始仏教 (分野) 禅観 (術語) 瑜伽師地論 (文献) 四種三昧 (術語) 非行非坐三昧 (術語) 立制法 (術語) 修禅方法 (術語) 正修止観 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage