INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前津田 真一 ( つだ しんいち, Shinichi Tsuda ) 著 ()
タイトルサンヴァラ系密教思想論・序説
タイトル読みさんヴぁらけいみっきょうしそうろんじょせつ
サブタイトル密教思想史における<行の軸>
タイトル(欧文)The Axis of Caryā, the Constructive principle of the History of the Tantric Thought of Buddhism
サブタイトル(欧文)
該当ページ333-392
媒体名 インド古典研究
媒体名欧文 ACTA INDOLOGICA
通号 6
特集・テーマ 神秘思想論集
編者 成田山新勝寺成田山仏教研究所
発行日1984-05-15
発行者成田山新勝寺成田山仏教研究所
発行地成田
本文
INBUDS IDIB:00033574


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   密教 インド仏教 (分野) 真言宗 (分野) 日本仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 空海 (人物) 中国仏教 (分野) 仏教美術 (分野)
  術語   サンヴァラ系密教 回帰と懸隔 根源的尺度としての行 思想史形成の原理としての<行の軸> 釈尊の宗教における行の観念 サンヴァラ系密教の行の方向 ネワール仏教 (術語) 回帰と懸隔 (術語) 毘盧舎那仏 (術語) 自己原因者 (術語) Guhyeśvarī女神 (術語) samyak行事 (術語) 密教 (分野) ネワール混成梵語 サンヴァラ系密教 (術語) 根源的尺度としての行 (術語) 思想史形成の原理としての<行の軸> (術語) 釈尊の宗教における行の観念 (術語) サンヴァラ系密教の行の方向 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage