INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前高木 訷元 ( たかぎ しんげん, Shingen Takagi ) 著 (高野山大学教授)
タイトル最澄と空海をめぐる若干の問題
タイトル読みさいちょうとくうかいをめぐるじゃっかんのもんだい
サブタイトル
タイトル(欧文)Some Problems on Biographies of Saichō and Kūkai
サブタイトル(欧文)
該当ページ1-17(L)
媒体名 仏教史学研究
媒体名欧文 The Journal of the History of Buddhism
38
1
ISSN 02886472
発行日1995-09-30
発行者仏教史学会
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代)
  時代   平安時代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 真言宗 (分野) 奈良時代 (時代) 天台宗 (分野) 仏教 (分野) 中国 (地域)
  分野   真言宗 天台宗 伝記 日本仏教 (分野) 空海 (人物) 密教 (分野) 平安時代 (時代) 日本 (地域) 弘法大師 (人物) 鎌倉時代 (時代) 天台宗 (分野) 中国仏教 (分野) 智顗 (人物) 最澄 (人物) 伝教大師最澄 (人物) 真言宗 (分野) 明治 (時代) 教団史 (分野) 法然 (人物) マハーヴィーラ (人物)
  人物   最澄 空海 日本仏教 (分野) 空海 (人物) 天台宗 (分野) 徳一 (人物) 円仁 (人物) 智顗 (人物) 日蓮 (人物) 親鸞 (人物) 真言宗 (分野) 最澄 (人物) 弘法大師 (人物) 密教 (分野) 密教学 (分野) 即身成仏義 (文献) 覚鑁 (人物)
  文献   三教指帰 聾瞽指帰 十住心論 空海 (人物) 聾瞽指帰 (文献) 性霊集 (文献) 十住心論 (文献) 弘法大師 (人物) 秘蔵宝鑰 (文献) 大日経 (文献) 弘法大師空海 (人物) 三教指帰 (文献) 文鏡秘府論 (文献) (術語) 弁顕密二教論 (文献) 大日経疏 (文献) 即身成仏義 (文献) 声字実相義 (文献)
  術語   国学 大学 国分寺 律令制 年分度者 学令 越三昧耶 儒教 (術語) 排仏思想 (術語) 神道 (術語) 大学 (術語) 他界観念 (術語) 玉襷 (文献) 儒学思想 (術語) 穢れ (術語) 国学 (術語) 国分寺 (術語) 大師信仰 (術語) 学問の自由 (術語) 得度 (術語) 出家 (術語) 仏教活論序論 (文献) 哲学館 (術語) 仏教建築 (分野) 発掘調査 (術語) 国分尼寺 (術語) 東大寺 (術語) 律令制 (術語) 効験造像 (術語) 法華経 (文献) 神祇信仰 (術語) 遠飛鳥 (術語) 天王制 (術語) 年分度者 (術語) 歌壇 (術語) 経済機能 (術語) 嵯峨天皇 (人物) 出家得道 (術語) 臨時度者 (術語) 課試の期日 (術語) 学令 (術語) 金剛界曼荼羅次第法 (術語) 伝法灌頂 (術語) 僧侶教育 (術語) 越三昧耶 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage