INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前松本 照敬 ( まつもと しょうけい, Shokei Matsumoto ) 著 (大東文化大学教授)
タイトルラーマーヌジャ派における個我の概念
タイトル読みらーまーぬじゃはにおけるこがのがいねん
サブタイトルYatīndramatadīpikā第8章解読
タイトル(欧文)The Concept of Jīvātman in the Rāmānuja School
サブタイトル(欧文)
該当ページ57-70(L)
媒体名 我の思想:前田専学先生還暦記念
発行日1991-10-30
発行者春秋社
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   17世紀 インド (地域) 日本 (地域) 日本仏教 (分野) チベット仏教 (分野) インド学 (分野) チベット (地域) Navya-Nyāya (分野) バラモン教 (分野)
  分野   Vedānta Rāmānuja派 インド (地域) ヴェーダーンタ学派 (分野) Śaṅkara (人物) インド哲学 (分野) ラーマーヌジャ派 (分野) Bhāskara (人物) ヴェーダーンタ派 (分野) 17世紀 (時代) Rāmānuja (人物) ラーマーヌジャ (人物) Vedānta (分野)
  人物   Rāmānuja Yatīndra Śrīnivāsadāsa ラーマーヌジャ (人物) Yāmuna (人物) Viśiṣṭādvaita (分野) インド哲学 (分野) Vedārthasaṃgraha (文献) Nāthamuni (人物) Madhva (人物) Rāmānuja派 (分野) Rāmānuja (人物) Śrīnivāsadāsa (人物) bhakti (術語) Yatīndra (人物) Yatīndramatadīpikā (文献)
  文献   Yatīndramatadīpikā ラーマーヌジャ思想の灯 Vedārthasaṃgraha (文献) ラーマーヌジャの研究 (文献) Śrīnivāsadāsa (人物) ラーマーヌジャ思想の灯 (文献) Yatīndramatadīpikā (文献) 個我 (術語)
  術語   個我 jīvātman bhakti prapatti ātman (術語) 自在神 (術語) 個我原理 (術語) マーヤー (術語) 不二一元論 (術語) スレーシュヴァラ (人物) Kūṭastha (術語) 最高我 (術語) différence (術語) jñāna (術語) 個我 (術語) bhakti (術語) バクティ (術語) śraddhā (術語) 信愛 (術語) (術語) Bhagavadgītā (文献) prapatti (術語) upāsana (術語) Śaraṇāgatigadyam (文献) 師の敬愛 (術語) mokṣa (術語) anavadhika-atiśaya-ānanda (術語) ナーラーヤナ神 (術語) 自己投棄 (術語) プラパッティ (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage