INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前加藤 純章 ( かとう じゅんしょう, Junsho Kato ) 著 ()
タイトル『倶舎論』におけるkila(伝説)の語について
タイトル読みくしゃろんにおけるkilaでんせつのごについて
サブタイトル
タイトル(欧文)
サブタイトル(欧文)
該当ページ-
媒体名 インド思想と仏教:中村元博士還暦記念論集
編者 中村元博士還暦記念会
発行日1973-11
発行者春秋社
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   5世紀 インド (地域) 中国 (地域) インド仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 4世紀 (時代) 6世紀 (時代) 大乗仏教 (分野) 五胡十六国時代 (時代)
  分野   部派仏教 説一切有部 インド仏教 (分野) インド (地域) 大乗仏教 (分野) 原始仏教 (分野) 世親 (人物) 説一切有部 (分野) 初期仏教 (分野) アビダルマ (分野) アビダルマ仏教 (分野) 部派仏教 (分野) 仏教学 (分野) 倶舎論 (文献)
  人物   世親 衆賢 安慧 満増 称友 曇鸞 (人物) インド仏教 (分野) 無著 (人物) 安慧 (人物) 倶舎論 (文献) 唯識 (分野) 親鸞 (人物) 衆賢 (人物) 世親 (人物) 称友 (人物) 順正理論 (文献) アビダルマ (分野) 説一切有部 (分野) 護法 (人物) 無性 (人物) 大乗荘厳経論 (文献) 中辺分別論 (文献) 満増 (人物) 弥勒 (人物) Guṇamati (人物) 倶舎論根品 (文献) 仏教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 馬鳴詩 (文献)
  文献   倶舎論 大毘婆沙論 入阿毘達磨論 順正理論 順正理論 (文献) 大毘婆沙論 (文献) 世親 (人物) 婆沙論 (文献) アビダルマ仏教 (分野) 大智度論 (文献) インド仏教 (分野) 瑜伽論 (文献) 倶舎論 (文献) 発智論 (文献) 異部宗輪論 (文献) 中論 (文献) 品類足論 (文献) 雑阿毘曇心論 (文献) Abhidharmadīpa (文献) 倶舍論 (文献) 仏教学 (分野) 法蘊足論 (文献) 百済 (人物) 顕宗論 (文献) 衆賢 (人物) 成業論 (文献) 阿毘曇心論 (文献)
  術語   kila ( 伝説 ) 経部 アビダルマ 説経部 譬喩者 健駄羅国諸論師 Abhidharmakośa-vyākhyā (文献) 経量部 (術語) 非宗教文献-敦煌出土経史子集 (術語) 古文尚書 (術語) 有部 (術語) 物質 (術語) 大衆部 (術語) 経為量 (術語) 経量 (術語) 倶舎論 (文献) 順正理論 (文献) 説一切有部 (術語) 説一切有部 (分野) 阿毘達磨 (術語) 四念処 (術語) Pekingedition (文献) 大毘婆沙論 (文献) アビダルマ (術語) 譬喩者 (術語) 譬喩師 (術語) 分別論者 (術語) 種子説 (術語) 蔑称 (術語) 喩髪論 (文献) 健駄羅国諸論師 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage