INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前秋田 貴廣 ( あきた たかひろ, Takahiro Akita ) 共著 (立正大学仏教学部助教授)
笹岡 直美 ( ささおか なおみ, Naomi Sasaoka ) 共著 (立正大学仏教文化財修復研究・実習室研究員)
タイトル木造日蓮聖人坐像(千葉県高圓寺所蔵)修復報告
タイトル読みもくぞうにちれんしょうにんざぞうちばけんこうえんじしょぞうしゅうふくほうこく
サブタイトル補彩における鑑賞上のダメージ緩和の可能性
タイトル(欧文)Seated Nichiren Figure (koen-ji, Chiba)
サブタイトル(欧文)Possibility of Relief of the Damage on Appreciation by the Use of Retouching
該当ページ32-62(L)
媒体名 大崎学報
媒体名欧文 ŌSAKI GAKUHŌ The Journal of Nichiren Buddhist Studies
通号 163
ISSN 0289-1174
編者 大崎学報編集委員会
発行日2007-03-31
発行者立正大学仏教学会
発行地東京
本文
INBUDS IDIB00062442A
引用文献ID


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   千葉県高圓寺 立正大学文化財修復研究・実習室 立正大学文化財修復研究・実習室 (地域) 千葉県高圓寺 (地域) 平成15年 (時代)
  時代   平成15年 立正大学文化財修復研究・実習室 (地域) 仏教美術 (分野)
  分野   仏教美術 彫刻史 (分野) 日本仏教 (分野) 図像学 (分野) 日本 (地域) 鎌倉時代 (時代) 密教 (分野) 考古学 (分野) 現代 (時代)
  術語   木造日蓮聖人坐像 理念と措置を構造的に関係づける試み 仏教美術 (分野) 理念と措置を構造的に関係づける試み (術語) 木造日蓮聖人坐像 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage