INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前安蘇谷 正彦 ( あそや まさひこ, Masahiko Asoya ) 著 (國學院大學教授)
タイトル人を殺してよい正義について考える
タイトル読みひとをころしてよいせいぎについてかんがえる
サブタイトル神道の立場から
タイトル(欧文)Thinking about the “Justice” of Homicide
サブタイトル(欧文)From the Standpoint of Shinto
該当ページ103-117(R)
媒体名 平和と宗教
媒体名欧文 Peace and Religion
通号 22
特集・テーマ 宗教にとって人を殺してよい正義はあるか
ISSN 0287-6663
編者 庭野平和財団平和研究所編集委員会
発行日2003-12-18
発行者庭野平和財団
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代)
  時代   現代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 仏教 (分野) 仏教学 (分野) 宗教学 (分野) 浄土真宗 (分野) インド (地域) 近代 (時代)
  分野   宗教学 倫理学 神道 現代 (時代) 日本仏教 (分野) 日本現代 (時代) 仏教 (分野) 日本 (地域) 民俗学 (分野) 仏教学 (分野) 近代 (時代) 宗教学 (分野) 親鸞 (人物) 道元 (人物) インド仏教 (分野) カント (人物) キリスト教 (分野) 儒教 (分野) 密教 (分野)
  文献   古事記 日本書紀 日本書紀 (文献) 万葉集 (文献) 日本仏教 (分野) 聖徳太子 (人物) 本居宣長 (人物) 日本霊異記 (文献) 暁烏敏 (人物) 神道 (分野) 古事記 (文献) 続日本紀 (文献) 扶桑略記 (文献) 聖徳太子伝暦 (文献) 元興寺縁起 (文献)
  術語   神代の伝承における殺害 天つ罪 国つ罪 敬神生活の綱領 記紀神話 日本書紀 (文献) 天つ罪 (術語) 神代の伝承における殺害 (術語) 国つ罪 (術語) 敬神生活の綱領 (術語) 記紀神話 (術語) 日本国主天照大神 (術語) 粟散国主天照大神 (術語) 創造神話 (術語) 古事記 (文献) 日本主義的教養 (術語) 壬申の乱 (術語) 律令祭祀 (術語) (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage