INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前坂井 淳一 ( さかい じゅんいち, Junichi Sakai ) 共著 (早稲田大学大学院後期課程)
滝川 郁久 ( たきがわ いくひさ, Ikuhisa Takigawa ) 共著 (早稲田大学大学院後期課程)
野武 美弥子 ( のたけ みやこ, Miyako Notake ) 共著 (早稲田大学大学院後期課程)
タイトル『倶舎論』安慧註における自相と共相
タイトル読みくしゃろんあんねちゅうにおけるじそうとぐうそう
サブタイトル
タイトル(欧文)On svalakṣaṇa and sāmānyalakṣaṇa in Sthiramati's Commentary on Abhidharmakośa
サブタイトル(欧文)
該当ページ24-50(L)
媒体名 東洋の思想と宗教
媒体名欧文 Thought and Religion of Asia
通号 13
ISSN 0910-0601
編者 福井文雅
発行日1996-03-25
発行者早稲田大学東洋哲学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   5-6世紀 インド (地域) 中国 (地域) インド仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 仏教学 (分野) インド哲学 (分野) 仏教論理学 (分野) チベット (地域)
  分野   仏教認識論理学 仏教学 (分野) Prajñākaragupta (人物) 5-6世紀 (時代) 安慧 (人物)
  人物   安慧 陳那 世親 (人物) 護法 (人物) 唯識 (分野) 無性 (人物) 大乗荘厳経論 (文献) 中辺分別論 (文献) 満増 (人物) 弥勒 (人物) 法称 (人物) Dignāga (人物) 仏教論理学 (分野) 仏教論理 (分野) ディグナーガ (人物) 集量論 (文献) 論理学 (分野)
  文献   倶舎論 集量論 実義疏 婆沙論 順正理論 (文献) 大毘婆沙論 (文献) 世親 (人物) 婆沙論 (文献) アビダルマ仏教 (分野) 大智度論 (文献) インド仏教 (分野) 瑜伽論 (文献) 陳那 (人物) Pramāṇasamuccaya (文献) Dignāga (人物) クマーリラ (人物) 量評釈 (文献) ダルマキールティ (人物) 因明正理門論 (文献) 集量論 (文献) 倶舎論 (文献) 発智論 (文献) 成実論 (文献) 法蘊足論 (文献) 品類足論 (文献)
  術語   自相 共相 認識論 svabhāva (術語) 共相 (術語) 倶舎論 (文献) svalakṣaṇa (術語) 行相 (術語) 非現量 (術語) 言説 (術語) 果相 (術語) 自相 (術語) 大円鏡智 (術語) 阿頼耶識 (術語) 現量 (術語) 比量 (術語) 認識論 (術語) 自性 (術語) 論理学 (術語) 存在論 (術語) ヴァイシェーシカ学派 (術語) ニヤーヤ (術語) 知覚 (術語) プラシャスタパーダ・バーシュヤ (術語) 正理門論 (文献) Tarkabhāṣā (文献)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage