INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前釈舎 幸紀 ( ときや こうき, Koki Tokiya ) 著 (高田短期大学教授)
タイトル阿含経にあらわれる鬼について
タイトル読みあごんきょうにあらわれるおにについて
サブタイトル恩思想への展開をもとめて
タイトル(欧文)On the Peta(egui) in the Āgama-sūtras
サブタイトル(欧文)
該当ページ12-18
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 Journal of Indian and Buddhist Studies
通号 81
41
1
ISSN 00194344
編者 江島恵教
発行日1992-12-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   BC 5-AD 3世紀 インド (地域) インド仏教 (分野)
  分野   インド仏教 原始仏教 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) インド仏教 (分野) 釈尊 (人物) 部派仏教 (分野) パーリ仏教 (分野) 阿含経 (文献) ジャイナ教 (分野)
  文献   阿含経 パーリニカーヤ 大毘婆沙論 施設論 ニカーヤ (文献) 原始仏教 (分野) 阿含経典 (文献) インド仏教 (分野) 竜樹 (人物) 雑阿含経 (文献) 初期仏教 (分野) 倶舎論 (文献) 阿含経 (文献) 大毘婆沙論 (文献) Buddhaghosa (人物) 差別 (術語) 清浄道論 (文献) 八千頌般若 (文献) Vinaya (文献) 発智論 (文献) 順正理論 (文献) 大智度論 (文献) 異部宗輪論 (文献) 中論 (文献) 品類足論 (文献) 雑阿毘曇心論 (文献) 法蘊足論 (文献) 舎利弗阿毘曇論 (文献) Cakravartisūtra (文献) 毘婆尸仏経 (文献) アヴェスタ経 (文献)
  術語   餓鬼 祖霊祭 生聞 preta peta 施餓鬼会 (術語) 往生要集 (文献) 祖霊 (術語) 施餓鬼 (術語) 畜生 (術語) 薄伽梵 (術語) 一水四見 (術語) 無間地獄 (術語) 偽経 (術語) 報恩 (術語) 十六条法 (文献) 日蓮 (人物) 知恩 (術語) インド仏教 (分野) 仏教倫理 (術語) śrāddha (術語) 沙門文学 (術語) 不浄期 (術語) patti―dāna (術語) マハー・プラーナ (文献) 儀礼 (術語) 葬式 (術語) シュラーッダ (術語) 祖霊祭 (術語) preta (術語) peta (術語) 生聞 (術語) anumodanā (術語) merit (術語) (術語) uddisati (術語) 自業自得 (術語) dāna (術語) 餓鬼 (術語) (術語) 社廟 (術語) 日本仏教 (分野) 鬼字 (術語) 花押 (術語) 精霊 (術語) 後漢書 (文献) 道教の鬼神 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage