INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前齋藤 滋 ( さいとう しげる, Shigeru Saito ) 著 (名古屋大学非常勤講師/博士(文学))
タイトル説一切有部における「アビダルマ」
タイトル読みせついっさいうぶにおけるあびだるま
サブタイトル『大毘婆沙論』と『倶舎論』
タイトル(欧文)The Concept of Abhidharma in the Sarvāstivāda School
サブタイトル(欧文)The difference between the Mahāvibhāṣā and the Abhidharmakośabhāṣya
該当ページ223-229(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF INDIAN AND BUDDHIST STUDIES (INDOGAKU BUKKYŌGAKU KENKYŪ)
通号 116
57
1
特集・テーマ 愛知学院大学における第五十九回学術大会紀要(一)
ISSN 0019-4344
編者 日本印度学仏教学会
発行日2008-12-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  時代   紀元前 紀元二世紀 インド (地域) インド学 (分野) インド仏教 (分野) 紀元後 (時代) 原始仏教 (分野) 日本 (地域) 江戸時代 (時代) バラモン教 (分野) 紀元前 (時代) 仏教学 (分野)
  分野   仏教学 説一切有部 アビダルマ 現代 (時代) 日本 (地域) インド (地域) インド学 (分野) 中国 (地域) 宗教学 (分野) 道元禅師 (人物) チベット (地域) アビダルマ仏教 (分野) インド仏教 (分野) 部派仏教 (分野) 世親 (人物) 仏教学 (分野) 倶舎論 (文献) アビダルマ (分野) 原始仏教 (分野) 説一切有部 (分野)
  人物   世親 ( Vasubandhu ) 曇鸞 (人物) インド仏教 (分野) 無著 (人物) 安慧 (人物) 倶舎論 (文献) 唯識 (分野) 親鸞 (人物) 衆賢 (人物)
  文献   阿毘達磨大毘婆沙論 阿毘達磨倶舎論 阿毘達磨発智論 阿毘曇毘婆沙論 (文献) アビダルマ仏教 (分野) 阿毘達磨発智論 (文献) アビダルマ (分野) 倶舎論 (文献) 阿毘達磨倶舎論 (文献) 雑阿毘曇心論 (文献) 八犍度論 (文献) 大毘婆沙論 (文献) 世親 (人物) 玄奘 (人物) 阿毘達磨大毘婆沙論 (文献) 順正理論 (文献) Abhidharmakośabhāṣya (文献) リグ・ヴェーダ (文献) 竜樹 (人物) 仏所行讃 (文献) 阿毘達磨婆沙論 (文献) 阿毘曇八犍度論 (文献) 般若経 (文献)
  術語   ( prajñā ) 慧根 ( prajñendriya ) 五位 論母 ( mātṛkā ) (術語) (術語) 大地法 (術語) 念住 (術語) 般若思想 (術語) 正知 (術語) (術語) 妙好人 (術語) 有漏の慧と無漏の慧 (術語) 三無漏根 (術語) 五蘊 (術語) 法華・華厳 (術語) 不立文字 (術語) 血脈 (術語) 五家 (術語) 六即義 (術語) 仏経 (文献) 公案 (術語) 菩薩蔵 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage