INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前三代 舞 ( みよ まい, Mai Miyo ) 著 (早稲田大学大学院)
タイトルダルマキールティの量・量果非別体説
タイトル読みだるまきーるてぃのりょうりょうかひべったいせつ
サブタイトルなぜ外的要因は量でないのか
タイトル(欧文)An Interpretation of Dharmakīrti's Negation of the Difference between Pramāṇa and Pramāṇaphala
サブタイトル(欧文)
該当ページ160-163(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF INDIAN AND BUDDHIST STUDIES (INDOGAKU BUKKYŌGAKU KENKYŪ)
通号 116
57
1
特集・テーマ 愛知学院大学における第五十九回学術大会紀要(一)
ISSN 0019-4344
編者 日本印度学仏教学会
発行日2008-12-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  分野   仏教学 仏教論理学派 現代 (時代) 日本 (地域) インド (地域) インド学 (分野) 中国 (地域) 宗教学 (分野) 道元禅師 (人物) チベット (地域) インド仏教 (分野) 法称 (人物) 仏教学 (分野) Dharmakīrti (人物) ダルマキールティ (人物) 仏教論理学 (分野) 仏教認識論 (分野)
  人物   ディグナーガ ( Dignāga ) ダルマキールティ ( Dharmakīrti ) ダルマキールティ (人物) Dignāga (人物) 陳那 (人物) 仏教論理学 (分野) バルトリハリ (人物) インド論理学 (分野) ウッディヨータカラ (人物) 論理学 (分野) Dharmakīrti (人物) 法称 (人物) ディグナーガ (人物) インド仏教 (分野) カマラシーラ (人物) ダルモーッタラ (人物)
  文献   Pramāṇavārttika Pramāṇaviniścaya Dharmakīrti (人物) Pramāṇaviniścaya (文献) 法称 (人物) Pramāṇasamuccaya (文献) 現量 (術語) pratyakṣa (術語) Pramāṇavārttikasvavṛtti (文献) Tattvasaṃgraha (文献) Pramāṇavārttika (文献) Nyāyabindu (文献) Pramāṇaviniścayaṭīkā (文献)
  術語   認識根拠 ( pramāṇa ) 認識結果 ( pramāṇaphala ) kriyānibandhanatvāt 量量果非別体説 一切法無自性説 (術語) 瑜伽行派 (術語) 直接知 (術語) ヴェーダ (術語) Yogasūtra (文献) 直接知覚 (術語) Nyāyasūtra (文献) 自我意識 (術語) 認識手段 (術語) 各器管の機能論 (術語) 享受論 (術語) 直接知覚の対象 (術語) ジャイナ認識論 (術語) 認識主体 (術語) 量量果非別体説 (術語) kriyānibandhanatvāt (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage