INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前安藤 光慈 ( あんどう こうじ, Koji Ando ) 著 (浄土真宗教学研究所助手)
タイトル親鸞の和讃中の「しむ」の用法に関する問題(1)
タイトル読みしんらんのわさんちゅうのしむのようほうにかんするもんだいいち
サブタイトル
タイトル(欧文)A Study of the Use of the Auxilary Verb “shimu” in Shinran's Wasans(1)
サブタイトル(欧文)
該当ページ146-150
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 Journal of Indian and Buddhist Studies
通号 82
41
2
ISSN 00194344
編者 江島恵教
発行日1993-03-25
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代)
  時代   鎌倉時代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 浄土真宗 (分野) 曹洞宗 (分野) 真宗学 (分野) 平安時代 (時代) 浄土宗 (分野) 仏教 (分野)
  分野   日本仏教 仏教言語学 国語学 日本 (地域) 鎌倉時代 (時代) 浄土教 (分野) 浄土真宗 (分野) 日蓮宗 (分野) 真言宗 (分野) 平安時代 (時代) 曹洞宗 (分野) インド (地域) Bhartṛhari (人物) 文献学 (分野) 南方上座部 (分野) Buddhaghosa (人物) 仏教哲学 (分野) 紀元前後 (時代) Netti-pakaraṇa (文献) 日本仏教 (分野) 法華経 (文献) 親鸞 (人物) 中世 (時代) 蓮如 (人物)
  人物   親鸞 浄土真宗 (分野) 教行信証 (文献) 法然 (人物) 真宗学 (分野) 浄土教 (分野) 日本仏教 (分野) 曇鸞 (人物) 善導 (人物)
  文献   和讃 和語聖教 唯信鈔文意 教行信証 (文献) 親鸞 (人物) 法然 (人物) 宝章 (文献) 親鸞の和讃 (術語) 真慧書写本 (文献) 親鸞の和讃 (文献) 東国伝道 (術語) 和讃 (文献) 唯信鈔文意 (文献) 一念多念文意 (文献) 歎異抄 (文献) 末灯鈔 (文献) 正像末和讃 (文献) 唯信鈔 (文献) 尊号真像銘文 (文献)
  術語   しむの用法 使役の助字 語法 ス・サスの用例 唯信鈔文意 (文献) 使役の助字 (術語) 和讃 (文献) 漢語聖教 (術語) しむの用法 (術語) 語法 (術語) 正法眼蔵 (文献) づよ (術語) 動詞的用法 (術語) 還帰往生 (術語) ス・サスの用例 (術語) 親鸞の和讃類 (文献)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage