INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前崔 昌植 ( ちぇ ちゃんしく, Changsik Choe ) 著 (東国大学校(慶州)仏教文化大学教授/大韓仏教曹渓宗大覚寺住持)
タイトル『楞厳経』の観音耳根円通について
タイトル読みりょうごんきょうのかんのんにこんえんずうについて
サブタイトル
タイトル(欧文)A Study about Kannon-nikon-enzu in Śūraṅgama-samādhi-nirdeśa
サブタイトル(欧文)
該当ページ265-279(R)
媒体名 大乗仏教思想の研究:村中祐生先生古稀記念論文集
媒体名欧文 ----
ISBN 4-7963-0618-2
編者 村中祐生先生古稀記念論文集刊行会
発行日2005-06-30
発行者山喜房仏書林
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   中国 韓国 日本 中国仏教 (分野) 日本 (地域) インド (地域) 唐代 (時代) 敦煌 (地域) (時代) 宋代 (時代) 隋代 (時代) 中国 (地域) 韓国仏教 (分野) 朝鮮 (地域) 現代 (時代) 高麗時代 (時代) 新羅時代 (時代) 朝鮮半島 (地域) 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代)
  分野   大乗仏教 インド仏教 (分野) インド (地域) 仏教 (分野) 浄土教 (分野) 中国 (地域) 法華経 (文献) 浄土真宗 (分野) 密教 (分野)
  人物   李耘虚 大乗仏教 (分野) 般若心経 (文献)
  文献   般若心経 楞厳経 華厳経 成実論 楞厳経要解 中論 (文献) 般若心経秘鍵 (文献) 金剛般若経 (文献) 玄奘 (人物) 法華経 (文献) インド仏教 (分野) 大般若経 (文献) 日本仏教 (分野) 円覚経 (文献) 華厳経 (文献) 碧巌録 (文献) 曹洞宗行持軌範 (文献) 道元 (人物) 楞厳経要解 (文献) 梁伝 (文献) 敦煌壇経 (文献) 法蔵 (人物) 入法界品 (文献) 涅槃経 (文献) 無量寿経 (文献) 探玄記 (文献) 十地経 (文献) 倶舎論 (文献) 三論玄義 (文献) 大毘婆沙論 (文献) 婆沙論 (文献) 摂大乗論 (文献) 大乗義章 (文献) 順正理論 (文献) 楞厳経 (文献) 首楞厳経義海 (文献) 楞厳経合論 (文献) 首楞厳経環解刪補記 (文献) 楞厳経義疏注経 (文献) 成実論 (文献) 智慧 (術語)
  術語   智慧 慈悲 願力 菩提心開発 菩提心育成 行願思想 慈悲 (術語) 知恵 (術語) 般若 (術語) 信心 (術語) 光明 (術語) 仏智 (術語) 縁起 (術語) 不可思議 (術語) 智慧 (術語) (術語) 教行信証 (文献) 歎異抄 (文献) 利他 (術語) 平等 (術語) 菩提心 (術語) PāliTi-Piṭaka (文献) 救済 (術語) 称名 (術語) 横超 (術語) 浄土門 (術語) 他力 (術語) 浄土 (術語) 願体 (術語) 一切群生海 (術語) 願力 (術語) 菩提心育成 (術語) 菩提心開発 (術語) 行願思想 (術語) 礼懺儀 (術語) 普賢行願 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage