INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前和田 寿弘 ( わだ としひろ, Toshihiro Wada ) 著 (名古屋大学助教授)
タイトルA Source of Gaṅgeśa's Conclusive Definition of vyāpti
タイトル読みasourceofgangesasconclusivedefinitionofvyapti
サブタイトル
タイトル(欧文)A Source of Gaṅgeśa's Conclusive Definition of vyāpti
サブタイトル(欧文)
該当ページ9-13(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 Journal of Indian and Buddhist Studies
通号 84
42
2
特集・テーマ 高野山大学における第四十四回学術大会紀要(二)
ISSN 00194344
編者 江島恵教
発行日1994-03-25
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド哲学 インド論理学 インド (地域) インド仏教 (分野) ヴェーダーンタ学派 (分野) ミーマーンサー学派 (分野) 古代 (時代) ヴェーダーンタ (分野) 仏教学 (分野) ジャイナ教 (分野) インド思想 (分野) インド哲学 (分野) 仏教論理学 (分野) ディグナーガ (人物) 仏教知識論 (分野)
  人物   Gaṅgeśa Śaśadhara Tattvacintāmaṇi (文献) Udayana (人物) Raghunātha (人物) Navyanyāya (分野) Śaśadhara (人物) Navya-nyāya (分野) インド学 (分野) Mathurānātha (人物) Gaṅgeśa (人物) Nyāyasiddhāntadīpa (文献) Nyāyarantna (文献) Tattvacomtāmaṇi (文献) 新ニヤーヤ (分野) MaṇikaṇṭhaMiśra (人物)
  文献   Tattvacomtāmaṇi Śaśadhara (人物) vyāpti (術語)
  術語   vyāpti conclusive definition siddhāntalakṣaṇa logical form Navya-nyāya 遍充 (術語) anumāna (術語) vyatireka (術語) インド論理学 (術語) Nyāyaratnamālā (文献) Navya-nyāya (術語) Necessity (術語) 法称 (人物) vyāpti (術語) siddhāntalakṣaṇa (術語) conclusivedefinition (術語) logicalform (術語) 遍忘 (術語) Śaktivāda (文献) śābdabodha (術語) avacchedaka (術語) occurrence-exacting (術語) Tattvacintāmaṇi (文献) Prācīna-nyāya (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage