INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前宮元 啓一 ( みやもと けいいち, Keiichi Miyamoto ) 著 (国学院大学文学部教授/文学博士)
タイトルインドにおける自己論の構造
タイトル読みいんどにおけるじころんのこうぞう
サブタイトル
タイトル(欧文)A Relation among Arguments on Self in India
サブタイトル(欧文)
該当ページ869-881(L)
媒体名 インド哲学仏教思想論集:神子上恵生教授頌寿記念論集
媒体名欧文 Studies on Indian Philosophy and Buddhist Thoughts Volume in Honor of Professor Esho Mikogami
ISBN 4-8162-1018-0
編者 神子上恵生教授頌寿記念論集刊行会
発行日2004-03-31
発行者永田文昌堂
発行地京都
本文
INBUDS IDIB:00086485


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  分野   インド学 インド (地域) 仏教学 (分野) 現代 (時代) 古代 (時代) インド哲学 (分野) ジャイナ教 (分野) ヴェーダ学 (分野) ヒンドゥー教 (分野)
  人物   ヤージュニャヴァルキヤ ウッダーラカ・アールニ シャンカラ ウッダーラカ (人物) ウッダーラカ・アールニ (人物) ジャナカ (人物) インド哲学 (分野) インド思想 (分野) 世親 (人物) ウパニシャッド (文献) 原始仏教 (分野) シャンカラ (人物) ヤージュニャヴァルキヤ (人物) ヤージュニャヴァルクヤ (人物) ゴータマ・ブッダ (人物) ウパニシャッド哲学 (分野) シャーンディリヤ (人物) サーンクヤ (分野) UddārakaĀruni (人物) Śaṅkara (人物) ラーマーヌジャ (人物) ヴェーダーンタ (分野) ヴェーダーンタ哲学 (分野) ヴェーダーンタ学派 (分野) ヴェーダーンタ派 (分野) バガヴァッド・ギーター (文献)
  文献   ブリハッドアーラニヤカ・ウパニシャッド ウパデーシャサーハスリー チャーンドーギヤ・ウパニシャッド (文献) スッタニパータ (文献) ウパデーシャサーハスリー (文献) 存在論 (術語) チャーンドギア・ウパニシャッド (文献) シャタパタ・ブラーフマナ (文献) 梵網経 (文献) シャンカラ (人物) ブリハッドアーラニヤカ・ウパニシャッド (文献) シャーンディリヤ・ヴィッディヤー (術語) Brahmasūtrabhāṣya (文献) Upadeásāhasrī (文献) 自己論 (術語) ヴェーダーンタパリバーシャ (文献) サンクシェーパシャーリーラカ (文献) ラーマーナヤ (文献)
  術語   自己論 自己認識 ウパデーシャサーハスリー (文献) 自己認識 (術語) 認識手段 (術語) アポーハ学説 (術語) 直観 (術語) 自覚 (術語) 意識 (術語) 世俗 (術語) 自証 (術語) 如来蔵 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage