INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前吾勝 常行 ( あかつ つねゆき, Tsuneyuki Akatsu ) 共著 (龍谷大学教授)
伊東 秀章 ( いとう ひであき, Hideaki Ito ) 共著 (龍谷大学大学院)
打本 未来 ( うちもと みくる, Mikuru Uchimoto ) 共著 (あそかビハーラクリニック・ボランティアコーディネーター)
長岡 岳澄 ( ながおか がくちょう, Gakucho Nagaoka ) 共著 (相愛大学非常勤講師)
原田 哲了 ( はらだ てつりょう, Tetsuryo Harada ) 共著 (龍谷大学講師)
山本 浩信 ( やまもと ひろのぶ, Hironobu Yamamoto ) 共著 (教学伝道研究センター研究員)
タイトル真宗と人間性心理学の接点とその課題
タイトル読みしんしゅうとにんげんせいしんりがくのせってんとそのかだい
サブタイトル
タイトル(欧文)----
サブタイトル(欧文)
該当ページ254-255(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF INDIAN AND BUDDHIST STUDIES (INDOGAKU BUKKYŌGAKU KENKYŪ)
通号 120
58
2
ISSN 0019-4344
編者 日本印度学仏教学会
発行日2010-03-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり
INBUDS IDIB:00088941


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 龍谷大学 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 日本 (地域) 大正時代 (時代) 大正大学 (地域) 学校法人愛知学院 (地域) 東トルキスタン (地域) 紀元後から約1500年間 (時代) トルファン (地域) 駒沢大学 (地域)
  分野   真宗 浄土教 浄土真宗 親鸞 (人物) 現代 (時代) 鎌倉 (時代) 浄土教 (分野) 日本仏教 (分野) 江戸 (時代) 蓮如 (人物) 室町 (時代) 中国仏教 (分野) 法然 (人物) 善導 (人物) 日本 (地域) 曇鸞 (人物) 教義学 (分野) 鎌倉時代 (時代) 真宗学 (分野) 仏教 (分野)
  人物   親鸞 浄土真宗 (分野) 教行信証 (文献) 法然 (人物) 真宗学 (分野) 浄土教 (分野) 日本仏教 (分野) 曇鸞 (人物) 善導 (人物)
  術語   浄土心理学研究会 仏教とカウンセリング研究センター 人間性心理学 三願転入 ビハーラ活動 親鸞 (人物) 仏教とカウンセリング研究センター (術語) 浄土心理学研究会 (術語) 人間性心理学 (術語) 援助的人間関係 (術語) トランスパーソナル心理学 (術語) 深層心理学 (術語) 三願転入 (術語) 教行信証 (文献) 本願 (術語) 第十八願 (術語) 廻心 (術語) 選択本願 (術語) 末法史観 (術語) 宗教的実存 (術語) ビハーラ (術語) ホスピス (術語) 法華菩薩行 (術語) 金鈴 (文献) ビハーラ運動 (術語) 法華経 (文献) 安楽死 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage