INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前田中 鉄也 ( たなか てつや, Tetsuya Tanaka ) 著 ()
タイトル宗教学におけるサティー研究の意義について
タイトル読みしゅうきょうがくにおけるさてぃーけんきゅうのいぎについて
サブタイトル
タイトル(欧文)The Significance of Sati Study in the History of Religions
サブタイトル(欧文)
該当ページ307-308(R)
媒体名 宗教研究
媒体名欧文 JOURNAL OF RELIGIOUS STUDIES
通号 351
80
4
特集・テーマ 第六十五回学術大会紀要特集
ISSN 0387-3293
編者 日本宗教学会
発行日2007-03-30
発行者日本宗教学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   現代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 仏教 (分野) 仏教学 (分野) 宗教学 (分野) 浄土真宗 (分野) インド (地域) 近代 (時代)
  分野   宗教社会学 ヒンドゥー 現代 (時代) 日本仏教 (分野) 仏教 (分野) マックス・ウェーバー (人物) 観光学 (分野) 社会学 (分野) 日本 (地域) 世俗化 (術語) 近代 (時代) 宗教学 (分野) インド思想 (分野) シャンカラ (人物) イスラーム (分野) インド哲学 (分野)
  人物   アシス・ナンディ ヒンドゥー (分野) インターナル・コロニアリズム (術語) マヌ法典 (文献)
  術語   インターナル・コロニアリズム サティー ( sati ) 妻のダルマ サンスクリット的言説 生きサティー ( jivitsati ) 生き神 植民地主義 アシス・ナンディ (人物) ナショナリズム (術語) 女性 (術語) カターサリットサーガラ (文献) シュートラ族 (術語) 植民地主義 (術語) サンスクリット的言説 (術語) 妻のダルマ (術語) ヌミナス (術語) 天照皇大神神宮教 (術語) サキャ・カースト (術語) クマリ 女性教祖 (術語) 霊能者 (術語) 他者 (術語) 近代社会 (術語) 第三共和制 (術語) 生き神 (術語) 「ヒンドゥー教」概念 (術語) イスラーム (術語) 近代と伝統 (術語) サティー (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage