INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前関戸 堯海 ( せきど ぎょうかい, Gyokai Sekido ) 著 ()
タイトル日蓮『注法華経』と『双紙要文』との関連
タイトル読みにちれんちゅうほけきょうとそうしようもんとのかんれん
サブタイトル
タイトル(欧文)The Relevance of Nichiren's Chū-Hokekyō and the Extraction of Reference Data in Sōshi-Yōmon
サブタイトル(欧文)
該当ページ321-322(R)
媒体名 宗教研究
媒体名欧文 JOURNAL OF RELIGIOUS STUDIES
通号 351
80
4
特集・テーマ 第六十五回学術大会紀要特集
ISSN 0387-3293
編者 日本宗教学会
発行日2007-03-30
発行者日本宗教学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代)
  時代   鎌倉時代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 浄土真宗 (分野) 曹洞宗 (分野) 真宗学 (分野) 平安時代 (時代) 浄土宗 (分野) 仏教 (分野)
  分野   日本仏教 日蓮宗 日本 (地域) 鎌倉時代 (時代) 浄土教 (分野) 浄土真宗 (分野) 日蓮宗 (分野) 真言宗 (分野) 平安時代 (時代) 曹洞宗 (分野) 日本仏教 (分野) 日蓮 (人物) 天台宗 (分野) 望月歓厚 (人物) 坂本日深 (人物) 日蓮教学 (分野)
  人物   親鸞 日蓮 浄土真宗 (分野) 教行信証 (文献) 法然 (人物) 真宗学 (分野) 浄土教 (分野) 日本仏教 (分野) 曇鸞 (人物) 善導 (人物) 日蓮宗 (分野) 法華経 (文献) 鎌倉仏教 (分野) 日蓮教学 (分野) 親鸞 (人物) 道元 (人物)
  文献   一乗要決要文 恒河七種衆生経 三部経肝心要文 法華文句 注法華経 双紙要文 日蓮 (人物) 恒河七種衆生経 (文献) 一乗要決要文 (文献) 三部経肝心要文 (文献) 法華文句 (文献) 法華玄義 (文献) 摩訶止観 (文献) 法華経 (文献) 法華文句記 (文献) 智顗 (人物) 法華玄論 (文献) 法華義疏 (文献) 維摩経玄疏 (文献) 開目抄 (文献) 御義口伝 (文献) 源信 (人物) 日向 (人物) 注法華経 (文献) 立正観抄 (文献) 遺文 (術語)
  術語   遺文 転記 要文抄写 原型 注記 日蓮 (人物) 御書目録 (術語) 祖書学 (術語) 数量信仰 (術語) 庵室修復書 (文献) 国家 (術語) 護国思想 (術語) 本尊曼荼羅 (術語) 遺文 (術語) 要文抄写 (術語) 転記 (術語) 原型 (術語) 教行信証 原典 (術語) TheTheoryandPracticeoftheMandala (文献) 集合的無意識 (術語) 注記 (術語) 裏面 (術語) 法華玄義 (文献) 十如実相 (術語) 浄土教批判 (術語) 諸宗論破 (術語) 日蓮遺文 (文献) 未来記 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage