INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前蓑輪 顕量 ( みのわ けんりょう, Kenryo Minowa ) 著 (東京大学教授)
タイトル瞑想の歴史と現代的な意義
タイトル読みめいそうのれきしとげんだいてきないぎ
サブタイトル
タイトル(欧文)----
サブタイトル(欧文)
該当ページ277-278(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 JOURNAL OF INDIAN AND BUDDHIST STUDIES (INDOGAKU BUKKYŌGAKU KENKYŪ)
通号 123
59
2
ISSN 0019-4344
編者 日本印度学仏教学会
発行日2011-03-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   日本 東アジア 日本仏教 (分野) 鎌倉時代 (時代) 現代 (時代) 中国 (地域) 平安時代 (時代) 鎌倉 (時代) 江戸時代 (時代) 日本現代 (時代) 日本 (地域) インド (地域) 朝鮮 (地域) 仏教学 (分野) 東アジア仏教 (分野) 仏教 (分野)
  時代   現代 日本 (地域) 日本仏教 (分野) 仏教 (分野) 仏教学 (分野) 宗教学 (分野) 浄土真宗 (分野) インド (地域) 近代 (時代)
  分野   仏教学 インド学 現代 (時代) 日本 (地域) インド (地域) インド学 (分野) 中国 (地域) 宗教学 (分野) 道元禅師 (人物) チベット (地域) 仏教学 (分野) 古代 (時代) インド哲学 (分野) ジャイナ教 (分野) ヴェーダ学 (分野) ヒンドゥー教 (分野)
  人物   佐久間秀範 井上ウィマラ 羽矢辰夫 ケネス田中 川﨑信定 (人物) 下田正弘 (人物) 浅野守信 (人物) 李鍾徹 (人物) インド学 (分野) 井上ウィマラ (人物) 大下大円 (人物) 伊藤高章 (人物) 佐久間秀範 (人物) 羽矢辰夫 (人物) 安藤嘉則 (人物) 奥田清明 (人物) 加藤純章 (人物) 佐古年穂 (人物) ケネス田中 (人物) 浄土真宗 (分野) 大瀛 (人物) 明恵 (人物) 観無量寿経義疏 (文献) 瑜伽師地論 (文献)
  文献   瑜伽師地論 解深密経 解深密経 (文献) 瑜伽行派 (分野) 摂大乗論 (文献) 顕揚聖教論 (文献) 大乗荘厳経論 (文献) インド仏教 (分野) 成唯識論 (文献) 声聞地 (文献) 瑜伽師地論 (文献) 瑜伽論 (文献) 唯識三十頌 (文献) 唯識 (分野)
  術語   瑜伽行 ( 瑜伽行(ヨーガ行)派における理論と冥想修行 ) 東アジア世界における止観の受容 仏教冥想の現代的意義 仏教思想の理解と冥想の役割 冥想 ( 止観 ) 瑜伽師 (術語) 唯識 (術語) 識所縁唯識所現 (術語) 加持 (術語) 三時教判 (術語) 大乗行 (術語) 仏果 (術語) 十七空観 (術語) 仏教冥想の現代的意義 (術語) 東アジア世界における止観の受容 (術語) 仏教思想の理解と冥想の役割 (術語) 自知 (術語) 驚くほどに水も漏らさぬ心 (術語) ゲシュタルト (術語) 坐禅 (術語) 修証一等 (術語) 観想法 (術語) 金剛界如来 (術語) 三昧経典 (文献)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage