INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前藤井 隆道 ( ふじい たかみち, Takamichi Fujii ) 著 (東京大学大学院)
タイトルŚālikanāthaのanvitābhidhāna説
タイトル読みsalikanathaのanvitabhidhanaせつ
サブタイトル想起と意味表示
タイトル(欧文)Śālikanātha on Anvitābhidhāna
サブタイトル(欧文)
該当ページ54-56(L)
媒体名 印度学仏教学研究
媒体名欧文 Journal of Indian and Buddhist Studies
通号 94
47
2
ISSN 00194344
編者 江島恵教
発行日1999-03-20
発行者日本印度学仏教学会
発行地東京
本文あり


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   9~10世紀 インド (地域) インド哲学 (分野) 中国 (地域) 禅宗 (分野) Mīmāṃsā学派 (分野) Vedānta (分野)
  分野   Mīmāṃsā学派 Prabhākara派 ミーマーンサー学派 (分野) ミーマーンサー派 (分野) Prabhākara派 (分野) インド哲学 (分野) Kumārila (人物) 7世紀 (時代) KumārilaBhaṭṭa (人物) Nyāya派 (分野) Mīmāṃsā学派 (分野) Śālikanātha (人物) Vācaspatimiśra (人物) プラバーカラ (人物) śālikanātha (人物)
  人物   Śālikanātha Prakaraṇapañcikā (文献) Prabhākara派 (分野) Vācaspatimiśra (人物) Divyasūricarita (文献) ヴァーチャスパティ (人物) Vācaspati (人物) Mīmāṃsā (分野) Nyāyakaṇikā (文献)
  文献   Prakaraṇapañcikā Tattvabindu (文献) Śālikanātha (人物) Brahmasiddhivyākhyā (文献) Pañcapādikāvivaraṇa (文献) Āgamaprāmāṇya (文献) タットヴァビンドゥ (文献) 六派哲学 (術語) vidhi (術語)
  術語   anvitābhidhāna説 abhihitānvaya説 想起 意味表示 連関 連関したもの abhihitānvaya説 (術語) smārakatvavādin (術語) 聖言量 (術語) 不可解性 (術語) Prakaraṇapañcikā (文献) Ṛjvimalā (文献) anvitābhidhāna説 (術語) 想起 (術語) ākāṅkṣā (術語) アートマン (術語) 知覚判断 (術語) 一元論的世界観 (術語) 立ち現れ (術語) smṛti (術語) 推論 (術語) 音素 (術語) 連関 (術語) 無無義 (術語) 和語述作 (術語) 意味表示 (術語) 連関したもの (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage