INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前島 義徳 ( しま よしのり, Yoshinori Shima ) 著 ()
タイトルシャーンタラクシタの聖教量批判
タイトル読みしゃーんたらくしたのしょうぎょうりょうひはん
サブタイトル
タイトル(欧文)The Critique of Śāntarakṣita's Śabda
サブタイトル(欧文)
該当ページ220-222(R)
媒体名 宗教研究
媒体名欧文 JOURNAL OF RELIGIOUS STUDIES
通号 255
56
4
特集・テーマ 第四十一回学術大会紀要特集
ISSN 0387-3293
編者 日本宗教学会
発行日1983-03-31
発行者日本宗教学会
発行地東京
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   8世紀 インド (地域) インド仏教 (分野) 中国 (地域) チベット (地域) 中国仏教 (分野) インド哲学 (分野) 唐代 (時代) 日本 (地域)
  分野   インド仏教 インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) 密教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野)
  人物   シャーンタラクシタ ( Śāntarakṣita ) Dignāga Kumārila カマラシーラ (人物) インド仏教 (分野) ダルマキールティ (人物) ツォンカパ (人物) チャンドラキールティ (人物) 中観派 (分野) 中観荘厳論 (文献) ディグナーガ (人物) Dharmakīrti (人物) 陳那 (人物) 仏教論理学 (分野) 論理学 (分野) Pramāṇasamuccaya (文献) Vasubandhu (人物) クマーリラ (人物) Ślokavārttika (文献) Śāntarakṣita (人物) インド哲学 (分野) ミーマーンサー派 (分野) Maṇḍanamiśra (人物) Kamalaśīla (人物)
  文献   ヴェーダ ウパニシャッド (文献) 大日経 (文献) ブラーフマナ (文献) ダヤーナンダ・サラスヴァティ (人物) アールヤ・サマージ (術語) 法華経 (文献) マハーバーラタ (文献) 数学 (分野)
  術語   聖教量 ( Śabda ) 認識手段 ( pramāṇa ) 知覚 ( pratyakṣa ) 推理 ( anumāna ) アルタサングラハ (文献) ミーマーンサー (術語) (術語) 聞思修 (術語) 直接知覚 (術語) 自己認識 (術語) 感性的知覚 (術語) 認識対象 (術語) 認識と解脱 (術語) 認識 (術語) svavyavasāya (術語) 論証 (術語) 推理 (術語) Bālāvatāratarka (文献) 認識論 (術語) 推論 (術語) 因果 (術語) (術語) (術語) 三性 (術語) 知覚 (術語) 証言 (術語) anumāna (術語) guṇa (術語) 現観性思想 (術語) 帰納法 (術語) 中国語 (術語) 述語 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage