INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前村上 徳樹 ( むらかみ あつき, Atsuki Murakami ) 著 (東京大学大学院)
タイトル所取の形象と能取の形象についてのケードゥプジェの解釈
タイトル読みしょしゅのけいしょうとのうしゅのけいしょうについてのけーどぅぷじぇのかいしゃく
サブタイトル
タイトル(欧文)The Interpretation on grāhyākāra and grāhakākāra by mKhas grub rje
サブタイトル(欧文)
該当ページ3-12(L)
媒体名 日本西蔵学会々報
媒体名欧文 Report of the Japanese Association for Tibetan Studies
通号 52
ISSN ----
ISBN ----
編者 小川一乗
発行日2006-05-31
発行者日本西蔵学会
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド チベット インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野) インド (地域) チベット仏教 (分野) 密教 (分野) 敦煌 (地域) 14世紀 (時代)
  分野   チベット仏教 インド仏教 仏教論理学 ゲルク派 チベット (地域) インド仏教 (分野) ツォンカパ (人物) 密教 (分野) ゲルク派 (分野) 現代 (時代) 14世紀 (時代) 15世紀 (時代) インド (地域) 原始仏教 (分野) 大乗仏教 (分野) アビダルマ仏教 (分野) 中国仏教 (分野) 中観派 (分野) 仏教論理学 (分野) 仏教論理 (分野) ダルマキールティ (人物) Dharmakīrti (人物) Dignāga (人物) 陳那 (人物) 7世紀 (時代) チベット仏教 (分野) サキャ派 (分野) カダム派 (分野) Tsongkhapa (人物) 儀式 (分野) sTagtshaṅpa (人物)
  人物   ケードゥプジェ・ゲレクペルサンポ ロントゥン・シャーキャギェルツェン
  文献   sDe dge bstan 'gyur Pramāṇaviniścaya Pramāṇavārttika Pramāṇaviniścaya-ṭīkā Tshad 'bras rnam gzhag Pramāṇavārttika (文献) Dharmakīrti (人物) Pramāṇasamuccaya (文献) pratyakṣa (術語) Nyāyabindu (文献) Pramāṇaviniścayaṭīkā (文献) 法称 (人物) 現量 (術語) Pramāṇaviniścaya (文献) Pramāṇavārttikasvavṛtti (文献) Tattvasaṃgraha (文献)
  術語   所取の形象 ( grāhyākāra ) 能取の形象 ( grāhakākāra ) 自己認識 他者認識 認識手段 (術語) アポーハ学説 (術語) 直観 (術語) 自覚 (術語) 意識 (術語) 世俗 (術語) 自証 (術語) 如来蔵 (術語) イスラム (分野) 慈悲 (術語) 自己認識 (術語) 直接知覚 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage