INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 兼好 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
徒然草 (文献) (...)  覚守僧都 (人物) (...)  金春禅竹 (人物) (...)  能因 (人物) (...)  方丈記 (文献) (...)  徒然草九〇段 (文献) (...)  律宗教学 (分野) (...)  向阿証賢 (人物) (...)  日本仏教 (分野) (...)  聖尊 (人物) (...) 
-- 54 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
『一言芳談』にみる仏道、習道観宗教研究 通号 275 1988-03-31 169-170(R)詳細
松長 有慶 (著)『方丈記』について仏教文学研究 通号 1976-04 69-93(R)詳細
呉 栄植 (著)兼好の人間像考仏教大学大学院紀要 通号 23 1995-03-01 79-105詳細
天納 伝中 (著)兼好法師の音律論考印度学仏教学研究 通号 45 1974-12-25 215-218詳細
稲田 利徳 (著)「徒然草」の説話的章段考安田女子大学大学院博士課程完成記念論文集 通号 1999-09-30 27-44(R)詳細
上田 官治 (著)佛教福祉 通号 3 1976-11-01 152-153(R)詳細
大久保 美佐緒 (著)遍照寺の承仕法師東洋大学大学院紀要 通号 23 1987-03-10 169-182詳細
大久保 良峻 (著)仏教の日本的展開と諸思想日本の仏教 通号 1998-08-05 12-16(R)詳細
大谷 旭雄 (共著); 丸山 博正 (共著); 梶村 玄昇 (共著); 戸松 啓真 (共著)法然上人の往生思想の展開仏教論叢 通号 12 1968-03-30 82-88(R)詳細
小田 寛子 (著)「徒然草」における無常観についての試論東洋学研究 通号 2 1967-08-20 95-100詳細
小田 寛子 (著)正徹の著作に現れた兼好について東洋学研究 通号 6 1972-03-20 97-105詳細
岸村 定浩 (著)浄土宗布教の歴史的研究仏教論叢 通号 34 1990-09-13 18-22(R)詳細
熊原 政男 (著)兼好法師行状絵巻に就て金沢文庫研究 通号 66 1961-04 5-9詳細
高乗 勲 (著)兼好と東寺を中心とする真言宗関係について密教学 通号 6 1969-11-01 71-94詳細
高乗 勲 (著)徒然草の無常観について日本仏教学会年報 通号 38 1973-03 73-86詳細
小沼 徹雄 (著)経営上にみられる「機」の五態(二)仏教経済研究 通号 17 1988-04-15 145-195詳細
五味 文彦 (著); 松岡 心平 (著); 末木 文美士 (著)遁世と遊行日本の仏教 通号 6 1996-08-10 94-120(R)詳細
佐藤 哲英 (著)恵信尼文書の堂僧について龍谷教学 通号 5 1970-07-01 93-108詳細
新保 哲 (著)兼好の仏道観宗教研究 通号 271 1987-03-31 273-274(R)詳細
新保 哲 (著)『徒然草』と『一言芳談』にみる仏道観松ヶ岡文庫研究年報 通号 5 1991-03-25 63-81(L)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage