INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 山家山外 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
四明智礼 (術語) (...)  止観 (術語) (...)  観心 (術語) (...)  四念処 (術語) (...)  天台教学史 (術語) (...)  禅宗 (術語) (...)  止観義例猪熊鈔 (文献) (...)  金光明経玄義 (文献) (...)  観心釈 (術語) (...)  日遠 (人物) (...) 
-- 23 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
林 鳴宇 (著)四明知礼の『釈難扶宗記』の諸問題印度学仏教学研究 通号 97 2000-12-20 48-50詳細
石津 照璽 (著)実相論に於ける唯心論的解釈哲学雑誌 通号 592 1936-06-01 17-39詳細
石津 照璽 (著)実相論に於ける唯心論的解釈(完)哲学雑誌 通号 593 1936-07-01 26-53詳細
岩城 英規 (著)「空仮中」と「真俗中」 印度学仏教学研究 通号 111 2007-03-20 75-79(R)詳細
大野 法道 (著)金光明玄義広略真偽争論顛末(七)仏書研究 通号 35 1917-10-20 5-7(R)詳細
大松 博典 (著)宋代天台学と浄覚仁岳印度学仏教学研究 通号 70 1987-03-25 169-172詳細
大松 博典 (著)宋代天台学と首楞厳経印度学仏教学研究 通号 73 1988-12-15 122-125詳細
小野 文珖 (著)近世初頭における日蓮宗の山家・山外論争印度学仏教学研究 通号 57 1980-12-31 216-219詳細
河村 孝照 (著)天台の唯心説勝呂信静博士古稀記念論文集 通号 1996-02-23 433-448(R)詳細
窪田 哲正 (著)明導照源の『十不二門聞書鈔』について印度学仏教学研究 通号 97 2000-12-20 174-178詳細
窪田 哲正 (著)照源の『止観義例猪熊鈔』について印度学仏教学研究 通号 110 2006-12-20 159-164詳細
窪田 哲正 (著)円琳『菩薩戒義疏鈔』中の山家山外派説の記述について印度学仏教学研究 通号 122 2010-12-20 221-226(R)詳細
窪田 哲正 (著)円琳『菩薩戒義疏鈔』中の山家山外派説の記述について(二)天台学報 通号 53 2011-10-11 149-162(R)詳細
塩入 良道 (著)山家山外論争の発端仏教思想史 通号 4 1981-12 -詳細
生源寺 冏徳 (著)四明偉蹟雑考叡山学報 通号 4 1931-11 1-6詳細
村中 祐生 (著)楞厳経の解釈にみる天台教義天台学報 通号 26 1984-11-05 71-77詳細
望月 歓厚 (著)本宗先師の見たる山家山外大崎学報 通号 21 1912-02-10 38-54詳細
望月 歓厚 (著)本宗先師の見たる山家山外(其二)大崎学報 通号 23 1912-07-01 1-7詳細
望月 歓厚 (著)本宗先師の見たる山家山外(其三)大崎学報 通号 25 1912-12-01 1-17詳細
弓場 苗生子 (著)智湧了然の理性差別義天台学報 通号 57 2015-10-08 135-142(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage