INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 宝塔品 [SAT] 寶塔品 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
方便品 (文献) (...)  法華文句 (文献) (...)  多宝塔 (術語) (...)  本願 (術語) (...) 
-- 36 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
渡辺 喜勝 (著)日蓮の「文字マンダラ」におけるシンボリズム宗教研究 通号 299 1994-03-31 281-282(R)詳細
望月 淑夫 (著)法華経の見宝塔品と従地涌出品に於けるantarīkṣaとākāśaについて日本仏教学会年報 通号 23 1958-03 -詳細
藤本 坦孝 (著)『妙法蓮華経』を現代に読む(八)法華仏教研究 通号 18 2014-05-16 242-268(R)詳細
藤野 泰二 (著)『法華経』における二仏並坐の解釈をめぐって仏教学 通号 54 2013-03-20 1-18(R)詳細
藤田 恵玄 (著)日蓮聖人における「三箇の勅宣」の受容について日蓮教学研究所紀要 通号 31 2004-03-10 67-74(R)詳細
富永 半次郎 (著)釈尊の仏教仏教思想講座 通号 1 1939-04-25 147-192(R)詳細
丹治 昭義 (著)「見宝塔品」における仏身の一考察日蓮教学の諸問題:浅井円道先生古稀記念論文集 通号 1997-02 671-700(R)詳細
高橋 寿浩 (著)法華経成立の問題点論集 通号 14 1987-12-31 125-(L)詳細
関戸 法夫 (著)仏塔信仰としてのBhakti印度学仏教学研究 通号 84 1994-03-25 160-165(L)詳細
鈴木 隆泰 (著)法華経見宝塔品の考察空と実在:江島惠教博士追悼論集 通号 2001-02-01 383-397(L)詳細
勝呂 信静 (著)法華研究と法華教学法華学報 通号 2 1990-11-13 133-138詳細
塩田 義遜 (著)法華曼陀羅と多宝塔大崎学報 通号 82 1933-06-22 77-89詳細
佐藤 晋也 (訳)ダット撰英文『法華経要旨』法華学報 通号 3 1991-11-13 107-130詳細
坂輪 宣敬 (著)中国の石窟における法華経の造形表現について法華経信仰の諸形態:法華経研究 通号 6 1976-03 283-302(R)詳細
小松 邦彰 (著)日蓮聖人の法華経弘通と見宝塔品仏教文化の諸相:坂輪宣敬博士古稀記念論文集 通号 2008-02-29 249-263(R)詳細
小島 文保 (著)ファルハー・ドベーグ出土梵文法華経宝塔品に就て仏教学研究 通号 7 1952-10-05 54-59詳細
清田 寂天 (著)天台智顗と法華経の本願日本仏教学会年報 通号 60 1995-05-25 221-234(L)詳細
清田 寂雲 (著)法華経宝塔品梵漢比較考仏教学研究 通号 18/19 1961-10-01 43-53(L)詳細
清田 寂雲 (著)法華経宝塔品偈に於ける一・二の問題点印度学仏教学研究 通号 36 1970-03-31 857-詳細
紀野 一義 (著)見宝塔品における二仏崇拝の起源について印度学仏教学研究 通号 4 1954-03-30 193-196詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage