INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 慧忠 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
道元 (人物) (...)  禅宗 (分野) (...)  良賁 (人物) (...)  魚朝恩 (人物) (...)  円照 (人物) (...)  楚金 (人物) (...)  懐感 (人物) (...)  慧命 (人物) (...)  行路難二十章 (文献) (...)  恵能 (人物) (...) 
-- 81 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
陸川 堆雲 (著)瑠璃殿上(碧巌第十八則)の考察禅学研究 通号 48 1958-03-08 43-53(L)詳細
横井 覺道 (著)雲巌曇晟禅師攷宗学研究 通号 4 1961-03-10 58-63(R)詳細
柳田 聖山 (著)臨済義玄の人間観禅文化研究所紀要 通号 1 1969-03-20 65-136詳細
柳田 聖山 (著)祖堂集ものがたり・第四話 心なき天地山川の声(洞山良介)禅文化 通号 54 1969-09-25 67-76(R)詳細
村本 詔司 (著)夢窓疎石(1275-1351)生きながらにして此の世で己を葬る術禅学研究 通号 85 2007-02-28 1-20(L)詳細
村上 俊 (著)「身心一如」と「無情説法」禅文化 通号 147 1993-01-25 30-45(R)詳細
村上 俊 (著)雲門について禅文化研究所紀要 通号 19 1993-05 39-64(R)詳細
村上 俊 (著)唐代禅思想研究研究報告 通号 4 1996-11-13 1-657詳細
水野 欣三郎 (著)竜安寺の石庭とカシオペア座禅文化 通号 91 1978-12-20 52-54(R)詳細
古田 紹欽 (著)隆熙二年版南陽慧忠注『摩訶般若波羅蜜多心経』新羅佛教研究 通号 1973-06-30 359-370詳細
藤原 敦 (著)魚朝恩と仏教駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 40 2007-05-30 67-79(R)詳細
平塚 景堂 (著)無情説法禅文化 通号 210 2008-10-25 127-131(R)詳細
原田 弘道 (著)六祖壇経の自性の思想と道元禅師の立場宗学研究 通号 8 1966-05-20 115-120(R)詳細
西村 恵信 (著)人物中国禅宗史禅文化 通号 109 1983-07-25 94-109(R)詳細
西村 惠信 (著)講読『信心銘夜塘水』(六)禅文化 通号 223 2012-01-25 97-105(R)詳細
西谷 啓治 (著)禅における「法」と「人」禅の本質と人間の真理 通号 1969-08-15 853-926(R)詳細
西口 芳男 (著)雲門禅への断簡禅文化研究所紀要 通号 17 1991-03-31 65-101詳細
西口 芳男 (著)無縫塔の継ぎ目玄沙広録 通号 3 2016-04-10 83-84(R)詳細
長嶋 孝行 (著)「慧忠語」内の「古壇経」の存在に関する一考察宗教研究 通号 234 1977-12-31 118-119(R)詳細
長倉 信祐 (著)湛然述『金剛錍』の対破者をめぐる一試論印度学仏教学研究 通号 119 2009-12-20 195-198(R)詳細あり
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage