INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 一乗思想 [SAT] 一乘思想 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
法華経 (文献) (...)  華厳五教章 (文献) (...)  如来蔵思想 (術語) (...)  守護国界章 (文献) (...)  勝鬘経 (文献) (...)  観普賢菩薩行法経 (文献) (...)  太子信仰 (術語) (...)  十門 (術語) (...)  乗観展開 (術語) (...)  仏国土 (術語) (...) 
-- 136 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
田村 晃祐 (著)最澄教学の特質東洋学論叢 通号 26 2001-03-30 14-34詳細
田村 晃祐 (著)最澄『決権実論』について東洋学研究 通号 17 1983-03-31 1-6詳細
田村 晃祐 (著)最澄研究の困難さ山家の大師最澄 / 日本の名僧 通号 3 2004-06-01 12-16(R)詳細
田村 晃祐 (著)最澄『守護国界章』下巻の一乗論争東洋の思想と宗教 通号 16 1999-03-25 101-123詳細
田村 晃祐 (著)最澄と高雄法会大乗仏教から密教へ:勝又俊教博士古稀記念論集 通号 1981-09-20 979-990詳細
田村 晃祐 (著)最澄と維摩経東洋学研究 通号 22 1988-03-31 1-8詳細
玉城 康四郎 (著)最澄における一乗思想の発展伝教大師研究 通号 1980-10 711-738(R)詳細
田村 晃祐 (著)最澄における国界守護の根拠仏教における法の研究:平川彰博士還暦記念論集 通号 1975-10-10 427-446(R)詳細
吉嶺 恭司 (著)最澄における法華一乗思想の展開中央学術研究所紀要 通号 14 1985-07-15 77-102詳細
吉嶺 恭司 (著)最澄の法華経観中央学術研究所紀要 通号 15 1986-07-15 104-116詳細
片野 道雄 (著)摂大乗論における一乗思想仏教学セミナー 通号 72 2000-10-30 1-14詳細
武田 賢寿 (著)聖徳太子と親鸞聖人の仏教思想東海仏教 通号 14/15 1970-10-31 47-53詳細
奥田 慈応 (著)聖徳太子の人間観日本仏教学会年報 通号 33 1968-03 155-171詳細
田村 晃祐 (著)聖徳太子の理想東方 通号 16 2001-12-31 73-94(L)詳細
松本 史朗 (著)『勝鬘経』の一乗思想について駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 41 1983-03 37-64(L)詳細
方 亜平 (著)『真誥』中の法華一乗思想仏教文化学会紀要 通号 2 1994-04 111-121(R)詳細
中村 薫 (著)親鸞聖人と『華厳経』同朋仏教 通号 20/21 1986-05-01 337-358(R)詳細
淺田 正博 (著)親鸞聖人と比叡山の修行研究紀要 通号 20 2007-03-01 141-152(R)詳細
普賢 晃寿 (著)親鸞聖人に於ける一乗思想の系譜龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 2 1963-06-25 187-190詳細
武田 賢寿 (著)親鸞聖人の太子観東海仏教 通号 21 1976-12-04 1-12詳細
1 2 3 4 5 6 7
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage