INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 入楞伽経 [SAT] 入楞伽經 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
インド仏教 (分野) (...)  楞伽経 (文献) (...)  法華経 (文献) (...)  大智度論 (文献) (...)  大乗起信論 (文献) (...)  弁顕密二教論 (文献) (...)  如来蔵思想 (分野) (...)  Laṅkāvatārasūtra (文献) (...)  金剛仙論 (文献) (...)  大乗密厳経 (文献) (...) 
-- 141 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7 8
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
木村 俊彦 (著)ルドルフ・オットーと入楞伽経宗教研究 通号 335 2003-03 405-406詳細
今津 洪岳 (著)臨済大師の教学的基盤(其の三)禅学研究 通号 47 1957-03-01 1-11(L)詳細
久保田 力 (著)『楞伽経』の形態的成立史論論集 通号 11 1984-12-31 23-43詳細
斉藤 哲吉 (著)楞伽経に於ける自覚聖智の境界に就いて禅学研究 通号 14 1931-01-10 79-104(L)詳細
鄭 有植 (著)『楞伽経』におけるkhyātivijñāna印度学仏教学研究 通号 111 2007-03-20 71-74(L)詳細あり
木村 清孝 (著)李通玄の禅定論仏教の実践原理 通号 1977-12 253-268(R)詳細
常盤 義伸 (著)『ランカーに入る』研究報告 通号 2 1994-12-01 -詳細
安井 廣濟 (著)唯心の二類型印度学仏教学論叢:山口博士還暦記念 通号 1955-11-01 196-204(R)詳細
舟橋 尚哉 (著)唯心と唯識仏教思想 通号 9 1984-10-20 219-252詳細
袴谷 憲昭 (著)唯識思想に関する新刊二書駒沢大学仏教学部論集 通号 7 1976-10 203-208詳細
勝又 俊教 (著)唯識思想と密教密教学研究 通号 14 1982-03-31 1-30(R)詳細
勝又 俊教 (著)唯識思想と密教密教大系 通号 1 1994-07-10 195-224詳細
多田 修 (著)唯識三性説における五事との関係考龍谷大学大学院文学研究科紀要 通号 22 2000-12-10 1-19詳細
川田 熊太郎 (著)無の施設の無について道元禅の思想的研究 通号 1973-11-30 131-192(R)詳細
酒井 紫朗 (著)無上ユガタントラ義入集と名づくるもの密教文化 通号 92 1970-09-28 1-20(R)詳細
越智 淳仁 (著)密教の法身思想日本仏教学会年報 通号 53 1988-03-25 95-110詳細
越智 淳仁 (著)密教の法身思想密教大系 通号 1 1994-07-10 287-301詳細
織田 顕祐 (著)菩提流支訳出経論における如来蔵の概念印度学仏教学研究 通号 82 1993-03-25 32-39詳細
玉置 韜晃 (著)菩提流支の思想体系顕真学報 通号 2 1930-12-20 34-51(L)詳細
大竹 晋 (著)菩提留支の失われた三著作東方学 通号 102 2001-07 34-48詳細
1 2 3 4 5 6 7 8
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage