INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 極微 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
順正理論 (文献) (...)  実句義 (術語) (...)  衆賢 (人物) (...)  原子論 (術語) (...)  四大種 (術語) (...)  八事俱生 (術語) (...)  実体 (術語) (...) (術語) (...)  和集 (術語) (...)  四大 (術語) (...) 
-- 72 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
和訳 十巻章密教文化 通号 12 1950-12-25 1-12(L)詳細
真田 康道 (著)龍樹の原子論仏教論叢 通号 34 1990-09-13 13-16(L)詳細
加藤 利生 (著)『瑜伽師地論』に見られる瑜伽行派の極微論の特色印度学仏教学研究 通号 70 1987-03-25 80-82詳細
加藤 利生 (著)瑜伽行派の物質観をめぐる問題宗教研究 通号 275 1988-03-31 151-153(R)詳細
山口 益 (著)唯識の破析する極微説について宗教研究 通号 106 1940-12-30 395-400(R)詳細
結城 令聞 (著)唯識二十論の背景思想とその製作についての梗概東洋文化研究所紀要 通号 2 1951-09-20 203-244(L)詳細
山口 益 (訳)唯識二十論の原典解釈(承前完結)仏教学研究 通号 4 1950-12-25 19-58詳細
加藤 利生 (著)唯識学派の極微論をめぐる問題印度学仏教学研究 通号 75 1989-12-20 312-314詳細あり
加藤 利生 (著)唯識学派の極微論の起源とその意図龍谷大学大学院研究紀要 通号 11 1990-03-22 81-92(L)詳細
神子上 恵生 (著)唯識学派による外界対象の考察(1)インド学チベット学研究 通号 2 1997-10 87-109詳細
勝呂 信静 (著)唯識学派における対論仏教思想史 通号 3 1980-12 -詳細
櫻部 建 (著)ぼろつくろい仏教学セミナー 通号 35 1982-05-30 44-50(R)詳細
加藤 純章 (著)補説「極微の和集と和合」豊山学報 通号 54 2011-03-31 1-14(R)詳細
加藤 利生 (著)法処所摂の色天台学報 通号 36 1994-10-30 118-122(R)詳細
部分を有しない極微に場所的前後関係は存在し得るか久遠――研究論文集 通号 2 2011-03 32-44(L)詳細
岡本 一平 (著)仏駄跋陀羅の思想背景駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 34 2001-05 31-46詳細
モンテイロ ジョアキン (著)仏教における方法論の問題について駒沢短期大学仏教論集 通号 8 2002-10-30 101-151詳細
石田 一裕 (著)仏教と科学仏教論叢 通号 55 2011-03-25 246-251(R)詳細あり
佐竹 正行 (著)不二一元論学派の他学派批判宗教研究 通号 367 2011-03-30 248-249(R)詳細
浪花 宣明 (著)パーリ仏教における色法をめぐる諸議論仏教研究 通号 19 1990-03-30 139-160(L)詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage