INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 至心 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
信楽 (術語) (...)  三心 (術語) (...)  至誠心 (術語) (...)  無量寿経 (文献) (...)  選択集要津録 (文献) (...)  法蔵菩薩 (術語) (...)  第十八願 (術語) (...)  本願三心 (術語) (...)  念仏往生決心記 (文献) (...)  往生論五念門 (術語) (...) 
-- 79 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
大西 磨希子 (著)蓮華三昧院所蔵阿弥陀三尊像の主題と明遍の思想南都仏教 通号 74/75 1997-12-25 109-131(R)詳細
本多 弘之 (著)霊性的自覚と宗教的時間現代と親鸞 通号 13 2007-12-01 2-24(R)詳細
田村 晃祐 (著)良遍の浄土教東洋学論叢 通号 20 1995-03-30 56-72(L)詳細
坂上 雅翁 (著)良遍『導意抄』について大正大学綜合仏教研究所年報 通号 2 1980-03-25 71-87(R)詳細
山崎 順平 (著)六朝初期における観音信仰の一側面集刊東洋学 通号 95 2006-05-30 21-40(R)詳細
酒井 秀光 (著)欲生心を成り立たせる「本願力」真宗教学研究 通号 28 2007-06-30 183-184(R)詳細
堤 玄立 (著)欲生我国の意義真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 9 1964-10-10 96-104詳細
御手洗 隆明 (著)『唯信鈔文意』改訂の考察宗教研究 通号 307 1996-03-31 182-183(R)詳細
加来 雄之 (著)無量寿経の伝統における「願生」の探究日本仏教学会年報 通号 70 2005-09-25 199-211詳細
齊藤 舜健 (著)〈無量寿経〉の疑惑往生人をめぐって仏教論叢 通号 52 2008-03-25 11-20(L)詳細
宗学院同人 (編)本典研鑽述記宗学院論集 通号 37 0001 425詳細
曽我 量深 (著)本願の主(2)親鸞教学 通号 11 1967-11-10 1-11詳細
本多 弘之 (著)本願に開かれた人間存在の場現代と親鸞 通号 14 2008-03-01 226-234(R)詳細
松井 憲一 (著)本願における唯除の意味真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 13 1968-11-15 59-68詳細
加藤 仏眼 (著)本願三信論宗学院論輯 通号 13 1976-03-15 112-142詳細
金子 大栄 (著)本願三心の考察仏教研究 通号 14 1923-12-20 91-112詳細
山高 秀介 (著)法蔵菩薩の名告り真宗教学研究 通号 31 2010-06-30 164-165(R)詳細
内記 洸 (著)表現についての試論現代と親鸞 通号 25 2012-12-01 31-66(R)詳細
初崎 正純 (著)秘密潅頂三昧耶戒の研究印度学仏教学研究 通号 40 1972-03-31 242-245詳細あり
高柳 正裕 (著)「念仏の信心」において現れる「至心回向」の意味真宗教学研究 通号 22 2001-11-23 88-99詳細
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage