INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 長老 [SAT] [ DDB ] 镸老 [SAT] 长老 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
āyuṣmat (術語) (...) 
-- 125 件ヒット
1 2 3 4 5 6 7
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
池田 正隆 (著)サーサナーランカーラ・サーダン(SĀSANĀLAṄKĀRA CĀTAM:)仏教研究 通号 16 1987-03-30 95-122(L)詳細
目幸 黙僊 (著)自己実現の働きとしての如来印度哲学仏教学 通号 1 1986-10-30 263-292詳細
河村 孝照 (著)自業自得論東洋学研究 通号 20 1986-03-31 41-48詳細
西村 惠信 (著)金閣長老の清貧禅文化 通号 118 1985-10-25 139(R)詳細
西 義雄 (著)仏教における餓鬼と其の救済仏教思想論集:那須政隆博士米寿記念 通号 1984-08-15 20-72詳細
池田 正隆 (著)サーサナーランカーラ・サーダン(Sāsanālaṅkāra Cātam)仏教研究 通号 13 1983-12-28 23-54(L)詳細
中村 元 (著)若き人āyuṣmat印度学仏教学研究 通号 63 1983-12-25 62-66詳細
夏目 祐伸 (著)東寺の関する研究(三)密教学 通号 19 1983-06-15 19-40詳細
高橋 審也 (著)原始仏教における行(サンカーラ)の意義について仏教学 通号 15 1983-04-25 27-48詳細
東元 慶喜 (著)ソービタ長老釈仁度和上招来の貝多羅葉について印度学仏教学研究 通号 62 1983-03-25 1-7詳細あり
大澤 伸雄 (著)旅行記仏教学セミナー 通号 35 1982-05-30 64-72(R)詳細
池田 正隆 (著)サーサナーランカーラ・サーダン(Sāsanālaṅkāra Cātam:)仏教研究 通号 11 1982-03-10 49-74(L)詳細
氏家 覚勝 (著)念仏より陀羅尼へ高野山大学論叢 通号 17 1982-02-21 155-187詳細
戸田 芳実 (共著); 木村 武夫 (共著)泉州久米田寺長老明智上人について僧伝の研究:木村武夫教授古稀記念 通号 1981-12-15 309-316(R)詳細
片山 一良 (著)初期仏教における文化変容駒沢大学仏教学部論集 通号 12 1981-10 133-164詳細
池田 正隆 (著)サーサナーランカーラ・サーダン(Sāsanālaṅkāra Cātam)仏教研究 通号 10 1981-03-30 75-98(L)詳細
土屋 好重 (著)法喜の味を欲むという精神の体系禅研究所紀要 通号 10 1981-03 231-258詳細
永崎 亮寛 (著)初期仏教における頭陀行について密教文化 通号 129 1980-02-21 88-76(L)詳細
池田 正隆 (著)サーサナーランカーラ・サーダン(Sāsanālaṅkāra Cātam)仏教研究 通号 9 1980-02-15 33-58(L)詳細
片山 一良 (著)Subodhālaṅkāra仏教研究 通号 9 1980-02-15 59-84(L)詳細
1 2 3 4 5 6 7
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage