INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 十不二門指要鈔 [SAT] [ DDB ] 十不二门指要鈔 [SAT]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
摩訶止観 (文献) (...)  知礼 (人物) (...)  四明教行録 (文献) (...)  源清 (人物) (...)  契嵩 (人物) (...)  皮肉髄得法説 (術語) (...)  指要鈔聞集上 (文献) (...)  本母集 (文献) (...)  摩訶止観輔行 (文献) (...)  道元 (人物) (...) 
-- 39 件ヒット
1 2
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
瀬成 世眼 (著)顕密二教の比較研究密教研究 通号 8 1922-05 32-44詳細
井上 恵宏 (著)四明知礼の観心論に於ける創設(承前)大崎学報 通号 63 1922-11-20 39-50詳細
生源寺 冏徳 (著)四明偉蹟雑考叡山学報 通号 4 1931-11 1-6詳細
---- ---- (共著); 渋谷 亮泰 (共著)十不二門註疏考大崎学報 通号 91 1937-12-20 129-139(R)詳細
高雄 義堅 (著)宋代に於ける天台と禅との抗争龍谷学報 通号 331 1941-12 1-20詳細
柳川 巧 (著)即の論理とその他力的思唯真宗学 通号 15 1956-07-01 51-73詳細
佐々木 憲徳 (著)天台家における「即」の思想顕真学苑論集 通号 51 1959-11-20 7-15(L)詳細
平 了照 (著)指要鈔に見える旧本十不二門について印度学仏教学研究 通号 17 1961-01-25 249-252詳細
日比 宣正 (著)理事両重総別説の形成過程印度学仏教学研究 通号 33 1968-12-25 47-54詳細
日比 宣正 (著)趙宋天台における両重能所観の形成大崎学報 通号 125/126 1970-07-25 313-337詳細
鈴木 宣邦 (著)趙宋天台教学序説駒沢大学大学院仏教学研究会年報 通号 8 1974-03 102-111詳細
高橋 秀栄 (著)金沢文庫保管「指要鈔聞集」に引用せられた正法眼蔵の一古則について印度学仏教学研究 通号 45 1974-12-25 180-181詳細
高橋 秀栄 (著)関東天台と「十不二門指要鈔」金沢文庫研究 通号 224 1975-01 1-16詳細
池田 魯参 (著)四明知礼の皮肉髄得法説印度学仏教学研究 通号 51 1977-12-31 312-316詳細
池田 魯参 (著)十不二の範躊論(一)駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 36 1978-03 100-125詳細
関口 真大 (著)「五時八教」と「四教五味」天台教学の研究 通号 1978-10 544-559(R)詳細
上田 霊城 (著)照遍和尚 その生涯と思想密教文化 通号 125 1979-02-15 1-23(R)詳細
池田 魯参 (著)十不二の範疇論(二)駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 37 1979-03 92-109詳細
池田 魯参 (著)十不二の範疇論(三)駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 38 1980-03 71-95詳細
武 覚超 (著)四明知礼と起信論叡山学院研究紀要 通号 3 1980-10-30 42-51(R)詳細
1 2
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage