INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 四論 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
竜樹教学 (術語) (...)  絶対他力 (術語) (...)  公理五 (術語) (...)  脱落 (術語) (...)  三論 (術語) (...)  中国仏教 (分野) (...)  慧影 (人物) (...)  大智度論疏 (文献) (...)  大智度論 (文献) (...) 
-- 72 件ヒット
1 2 3 4
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
住田 智見 (著)阿弥陀経の訳出について顕真学報 通号 5 1931-07-01 246-246(L)詳細
恵谷 隆戒 (著)曇鸞大師の浄土思想考支那仏教史学 通号 1939-12-30 175-180詳細
横超 慧日 (著)新出資料・四論玄義の初章中仮義印度学仏教学研究 通号 13 1958-12-01 131-134詳細
安藤 俊雄 (著)天台智顗の浄土教大谷大学研究年報 通号 11 1959-01-30 27-90詳細
小川 弘貫 (著)シナ初期の仏性解釈駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 21 1962-10-15 83-99詳細あり
鎌田 茂雄 (著)道性思想の形成過程東洋文化研究所紀要 通号 42 1966-11-25 61-157(L)詳細
小川 弘貫 (著)シナ如来蔵の研究印度学仏教学研究 通号 29 1966-12-25 345-349詳細
吉津 宜英 (著)慧影の『大智度論疏』をめぐる問題点印度学仏教学研究 通号 31 1967-12-25 134-135詳細
吉津 宜英 (著)北土智度論師について印度学仏教学研究 通号 34 1969-03-31 279-281詳細
伊藤 隆寿 (著)慧均『大乗四論玄義』について印度学仏教学研究 通号 35 1969-12-25 134-135詳細
安藤 俊雄 (著)北魏涅槃学の伝統と初期の四論師北魏仏教の研究 通号 1970-03-20 179-202詳細
福島 光哉 (著)智顗の感応論とその思想的背景大谷学報 通号 184 1970-03-31 36-49詳細
三桐 慈海 (著)慧均撰四論玄義八不義について(一)仏教学セミナー 通号 12 1970-10-30 31-45(R)詳細
池田 魯参 (著)天台感応思想の成立意義駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 29 1971-03-15 93-112詳細
池田 魯参 (著)感応道交について宗教研究 通号 206 1971-03-31 93-95(R)詳細
伊藤 隆寿 (著)『大乗玄論』八不義の真偽問題印度学仏教学研究 通号 38 1971-03-31 148-149詳細
伊藤 隆寿 (著)『大乗四論玄義』の構成と基本的立場駒沢大学仏教学部論集 通号 2 1971-12 138-159詳細
伊藤 隆寿 (著)慧均『大乗四論玄義』について(二)印度学仏教学研究 通号 40 1972-03-31 295-297詳細
伊藤 隆寿 (著)四論玄義の仏性説印度学仏教学研究 通号 41 1972-12-31 327-329詳細あり
伊藤 隆寿 (著)四論玄義仏性義の考察駒沢大学仏教学部研究紀要 通号 31 1973-03-25 325-336(R)詳細あり
1 2 3 4
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage