INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 報恩記 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
至道鈔 (文献) (...)  覚如 (人物) (...)  直心集 (文献) (...)  改邪鈔 (文献) (...)  信心正因称名報恩 (術語) (...)  諸縁深知集 (文献) (...)  観経 (文献) (...)  沙石集 (文献) (...)  報恩 (術語) (...)  聖徳太子 (人物) (...) 
-- 19 件ヒット
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
禿氏 裕祥 (著)浄日宗論の起源浄土学 通号 16/17 1940-12-30 203-224詳細
上場 顕雄 (著)江戸後期における『教行信証』について真宗研究:真宗連合学会研究紀要 通号 18 1974-03-25 1-14詳細
道端 良秀 (著)日本浄土教と孝の倫理日本文化と浄土教論攷:井川定慶博士喜寿記念 通号 1974-11 553-561(R)詳細
花田 凌雲 (著)真宗に於ける読経の意義宗学院論輯 通号 1 1976-01-15 1-94詳細
徳沢 竜泉 (著)『諸縁深知集』に就て宗学院論輯 通号 21 1976-03-15 162-191詳細
宮崎 円遵 (著)中世に於ける唱導と談義本宗学院論輯 通号 27 1976-03-15 97-135詳細
中津 功 (著)存覚撰述の文献についての解説講座親鸞の思想 通号 9 1979-12 95-130詳細
信楽 峻麿 (著)存覚における信の思想真宗学 通号 71 1985-02-23 43-81詳細
北塔 光昇 (著)真宗に於ける祖先崇拝、先祖供養の系譜龍谷教学 通号 22 1987-02-20 52-62詳細
吉原 浩人 (著)初期真宗教団と善光寺信仰印度学仏教学研究 通号 70 1987-03-25 309-311詳細
北塔 光昇 (著)真宗における追善のもつ意味印度哲学仏教学 通号 2 1987-10-30 310-320詳細
桃井 信之 (著)真宗における恩思想の根本的問題点印度学仏教学研究 通号 77 1990-12-20 195-198詳細
竹中 信常 (著)念仏文化の流れ浄土教文化論 通号 1991-03 377-399(R)詳細
龍口 恭子 (著)存覚と『報恩記』印度学仏教学研究 通号 107 2005-12-20 190-196(R)詳細
龍口 恭子 (著)存覚『報恩記』の報恩印度学仏教学研究 通号 111 2007-03-20 201-207(R)詳細
黒田 義道 (著)存覚の教導者観印度学仏教学研究 通号 126 2012-03-20 20-24(R)詳細
Ruppert Brian O. (著)Zonkaku, Established Buddhism, and the Culture of Learning中世文化と浄土真宗 通号 2012-08-03 68-84(L)詳細
ルパート ブライアン・小野坂 (著)存覚、顕密寺院と修学文化中世文化と浄土真宗 通号 2012-08-03 357-358(R)詳細
谷口 智子 (著)存覚『報恩記』における父母に対する報恩思想宗教研究 通号 375 2013-03-30 253-254(R)詳細
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage