INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 如理 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
成唯識論 (文献) (...)  慈恩基 (人物) (...)  護法 (人物) (...)  智周 (人物) (...)  基(慈恩大師) (人物) (...)  慈恩大師基 (人物) (...)  慧沼 (人物) (...) 
-- 53 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
山口 益 (著)竜樹の六十頌如理論について仏教研究 通号 23 1926-11-25 22-75詳細
山口 益 (著)廻諍論について密教文化 通号 7 1949-06-20 1-19(R)詳細
北畠 利親 (著)竜樹五部論の相互の地位印度学仏教学研究 通号 13 1958-12-01 172-173詳細
武内 紹晃 (著)唯識修道に於ける意言と無分別智密教文化 通号 64/65 1963-10-30 38-49(R)詳細
大南 龍曻 (著)中観派の唯心説について印度学仏教学研究 通号 36 1970-03-31 910-詳細
光川 豊芸 (著)清弁の『般若灯論』にみられる提婆設摩論師への所見龍谷大学仏教文化研究所紀要 通号 11 1972-06-30 57-69詳細
小川 一乗 (著)絶対否定の中道宗教研究 通号 218 1974-03-30 87-88(R)詳細
瓜生津 隆真 (著)ナーガールジュナと神秘思想日本仏教学会年報 通号 40 1975-03 39-54詳細
瓜生津 隆真 (著)『六十頌如理論』におけるナーガールジュナの思想仏教学 通号 12 1981-10-25 1-24詳細
渡辺 章悟 (著)月称とツォンカパの“五部論”観印度学仏教学研究 通号 61 1982-12-25 134-135詳細
Hoornaert Paul (著)分別と無分別論集 通号 10 1983-12-31 59-77詳細
海野 孝憲 (著)ラトナーカラ・シャーンティと龍樹真宗教学研究 通号 9 1985-11-23 53-65詳細
玉井 威 (著)ミリンダパンハーにおける慧について同朋仏教 通号 20/21 1986-05-01 1-12(L)詳細
岡田 行弘 (著)瓜生津隆真著『ナーガールジュナ研究』宗教研究 通号 269 1986-09-30 143-146詳細
光川 豊芸 (著)中観の「緑起」と依他起について唯識思想の研究:山崎慶輝教授定年記念論集 通号 1987-07-10 315-340(R)詳細
海野 孝憲 (著)ラトナーカラ(R)とカマラシーラ(K)印度学仏教学研究 通号 71 1987-12-25 127-133(L)詳細
武内 紹晃 (著)世親浄土論における五念門密教文化 通号 161 1988-01-21 15-35(R)詳細
巌城 孝憲 (著)教説としてのsatya印度哲学仏教学 通号 4 1989-10-30 169-175詳細
小川 一乗 (著)アーラヤ識不要論インド哲学と仏教:藤田宏達博士還暦記念論集 通号 1989-11-10 517-531(R)詳細
斎藤 明 (著)ナーガールジュナにおける自我とニルヴァーナ我の思想:前田専学先生還暦記念 通号 1991-10-30 181-196(L)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage