INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 無表 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
(術語) (...)  倶舎論 (文献) (...) (術語) (...)  律儀 (術語) (...) (術語) (...)  禅戒 (術語) (...)  業施設論 (文献) (...) (術語) (...)  八証 (術語) (...)  業説 (術語) (...) 
-- 94 件ヒット
1 2 3 4 5
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
妻木 直良 (著)業論大意 (下)大崎学報 通号 20 1911-12-10 26-30詳細
柴野 恭堂 (著)宗教の本質より見たる禅(二)禅学研究 通号 8 1929-01-20 33-48(L)詳細
坂本 幸男 (著)阿毘達磨に於ける業論の一考察大崎学報 通号 82 1933-06-22 100-140詳細
相宗無表色史論常盤博士還暦記念仏教論叢 通号 1933-07-15 563-625(R)詳細
舟橋 水哉 (著)無表業に就いて真宗同学会年報 通号 1943-06-20 141-144詳細
加藤 精神 (著)有部の無表色に對する近代學者の誤解を匡す印度学仏教学研究 通号 2 1953-03-25 211-213詳細
舟橋 一哉 (著)無表業と生果の功能印度学仏教学研究 通号 3 1953-09-30 289-291詳細
舟橋 一哉 (著)原始仏教における出家道と在家道印度学仏教学研究 通号 5 1954-09-25 34-43詳細
石田 瑞麿 (著)鎌倉仏教における律宗の復興大倉山学院紀要 通号 1 1954-12 200-215(L)詳細
大野 法道 (著)戒体論南都仏教 通号 5 1958-10-30 1-13詳細
山田 恭道 (著)on the idea of “avijñapti-karma” in Abhidharma Buddhism印度学仏教学研究 通号 19 1962-01-25 51-55(L)詳細
河村 孝照 (著)倶舎論における無表色に関する一考察印度学仏教学研究 通号 22 1963-03-31 241-245詳細
中川 善教 (著)有部の戒体日本仏教学会年報 通号 32 1967-03 27-46詳細
佐藤 密雄 (著)比丘性と戒体(無表色)智山学報 通号 34 1971-03-21 159-170(R)詳細
片野 真省 (著)戒体と戒の体浄土教の思想と文化:恵谷隆戒先生古稀記念 通号 1972-03 1161-1175(R)詳細
宮林 昭彦 (著)四分律宗の戒体論仏教思想論叢:佐藤博士古希記念 通号 1972-10-09 629-639(L)詳細
雲井 昭善 (著)インド思想と業仏教学セミナー 通号 20 1974-10-31 387-403(R)詳細
三友 健容 (著)アビダルマ仏教における無表業論の展開(一)大崎学報 通号 129 1976-12-25 119-142詳細
三友 健容 (著)アビダルマ仏教における無表業論の展開(三)法華文化研究 通号 3 1977-03-20 179-193(R)詳細
三友 健容 (著)アビダルマ仏教における無表業論の展開 (二)印度学仏教学研究 通号 50 1977-03-31 194-198詳細
1 2 3 4 5
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage