INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

論文情報

この情報の修正・追加(通知)
名前稲見 正浩 ( いなみ まさひろ, Masahiro Inami ) 著 (広島大学)
タイトルダルマキールティにおける仏道
タイトル読みだるまきーるてぃにおけるぶつどう
サブタイトル
タイトル(欧文)Dharmakīrti on the Way to Buddhahood
サブタイトル(欧文)
該当ページ59-72(L)
媒体名 日本仏教学会年報
媒体名欧文 The Journal of the Nippon Buddhist Research Association
通号 54
特集・テーマ 仏道の体系
ISSN 09103287
編者 井ノ口泰淳
発行日1989-07-25
発行者日本仏教学会西部事務所
発行地京都
本文


キーワード:

分類この論文のキーワードこの論文のキーワードに関連の強いキーワード
  地域   インド インド仏教 (分野) 中国 (地域) インド哲学 (分野) チベット (地域) 古代 (時代) 日本 (地域) インド思想 (分野) インド学 (分野)
  時代   7C 中国仏教 (分野) 中国 (地域) インド (地域) インド仏教 (分野) 7c (時代) AD6C (時代) 仏教論理学 (分野) 8C (時代)
  分野   仏教論理学 インド仏教 (分野) 仏教論理 (分野) ダルマキールティ (人物) インド (地域) Dharmakīrti (人物) Dignāga (人物) 陳那 (人物) 7世紀 (時代)
  人物   Dharmakīrti ダルマキールティ (人物) 論理学 (分野) Dignāga (人物) Pramāṇavārttika (文献) Prajñākaragupta (人物) 仏教論理学 (分野) Dharmottara (人物) 法称 (人物)
  文献   Pramāṇaviniścaya Nyāyabindu Pramāṇavārttika (文献) Dharmakīrti (人物) Pramāṇasamuccaya (文献) pratyakṣa (術語) Nyāyabindu (文献) Pramāṇaviniścayaṭīkā (文献) 法称 (人物) 現量 (術語) Nyāyabinduṭīkā (文献) Pramāṇaviniścaya (文献) Hetubindu (文献) Dharmottara (人物) Dharmottarapradīpa (文献) ディグナーガ (人物)
  術語   Pramāṇa 認識 世俗 勝義 prasaṅga (術語) 認識 (術語) Pramāṇaviniścaya (文献) arthādhigati (術語) parārthānumāna (術語) Parārthānumāna (術語) プラマーナヴールティカ (文献) (術語) Vyomavatī (文献) 自我意識 (術語) 五蘊 (術語) 存在 (術語) 推論 (術語) 依他起性 (術語) 言語作用 (術語) 直感的無意識 (術語) 勝義 (術語) 二諦説 (術語) 自己認識 (術語) サムイェー (術語) 葬送 (術語) 不可得 (術語) 僧坊 (術語) (術語) 世俗 (術語) 三摩地 (術語) 行願 (術語) 無自性 (術語) (術語) (術語) 了義 (術語)

キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage