INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: 異熟 [SAT] [ DDB ]

検索対象: すべて

関連キーワード(関連度上位10件/括弧内数字はキーワード登場回数):
vipāka (術語) (...)  転変 (術語) (...)  四魔観 (術語) (...)  思想的背景 (術語) (...)  支分 (術語) (...)  縁起 (術語) (...)  異熟心 (術語) (...)  宿業 (術語) (...) (術語) (...)  六根互用例 (術語) (...) 
-- 51 件ヒット
1 2 3
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文
佐藤 密雄 (著)三世両重因果と異熟業感の実践的意義宗教研究 通号 106 1940-12-30 364-369(R)詳細
野沢 静証 (訳)安慧造 唯識三十頌釈/調伏天造 唯識三十頌釈疏(二)密教文化 通号 5/6 1949-03-20 53-72(R)詳細
野沢 静証 (著)安慧造 唯識三十頌釈 調伏天造 唯識三十頌釈疏(六)密教文化 通号 13 1951-04-25 33-51(R)詳細
金倉 円照 (著)ヨーガ・スートラの成立と仏教との関係印度学仏教学研究 通号 2 1953-03-25 1-10詳細あり
安田 理深 (著)菩薩的人間親鸞教学 通号 1 1962-12-10 82-91詳細
菅沼 晃 (著)寂護の三世実有批判論東洋大学大学院紀要 通号 1 1964-03-31 75-105詳細
高木 訷元 (著)パーリ沙門果経における離繋派の学説密教文化 通号 104 1973-12-20 96-77(L)詳細
水野 弘元 (著)業に関する若干の考察仏教学セミナー 通号 20 1974-10-31 1-25(R)詳細
西 義雄 (著)阿毘達磨仏教に於ける仏陀の本願説東洋学研究 通号 10 1976-03-20 1-36詳細
小川 宏 (著)声無異熟生に関する一考察仏教学 通号 6 1978-10-25 25-50詳細
片野 道雄 (著)摂大乗論における業思想の一形態業思想研究 通号 1979-02 383-403(R)詳細
武内 紹晃 (著)瑜伽行唯識学派における業の諸問題業思想研究 通号 1979-02 359-381(R)詳細
玉城 康四郎 (著)原始経典における業異熟の究明業思想研究 通号 1979-02 145-230(R)詳細
玉城 康四郎 (著)業異熟の根本問題印度学仏教学研究 通号 54 1979-03-31 61-69詳細
上杉 宣明 (著)心の作用とṭhāna(処)宗教研究 通号 242 1980-02-20 155-156(R)詳細
氏家 覚勝 (著)雲井昭善(編):業思想研究仏教学セミナー 通号 31 1980-05-30 70-75詳細
兵藤 一夫 (著)『倶舎論』に見える説一切有部と経量部の異熟説仏教思想史 通号 3 1980-12 -詳細
柏原 信行 (著)南方仏教における潜在意識宗教研究 通号 250 1982-02-20 126-128(R)詳細
兵藤 一夫 (著)『成業論』における異熟識説印度学仏教学研究 通号 60 1982-03-31 44-47(L)詳細
松田 和信 (著)世親『縁起経釈(PSVy)』におけるアーラヤ識の定義印度学仏教学研究 通号 61 1982-12-25 63-66(L)詳細
1 2 3
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage