INBUDS     検索語入力欄:[D]
ā   ī   ū                     ñ   ś                                         
ā   Ā   á   Á   à   À   ă   Ă   ǎ   Ǎ   â      ä   Ä   ā̆   Ā̆   æ   Æ   ç   Ç   č   Č         ē   Ē   é   É   è   È   ê   Ê   ě   Ě   ĕ   Ĕ                     ī   Ī   í   Í   ì   Ì   î   Π  ï   Ï   ĭ   Ĭ   ī̆   Ī̆   ĩ   Ĩ                           Ń   ń               ṇ̄   Ṇ̄   ñ   Ñ   ō   Ō   ó   Ó   ò   Ò   ô   Ô   ǒ   Ǒ   ŏ   Ŏ   ö   Ö   ø   Ø   œ   Œ                  ś   Ś               š   Š   ß               ū   Ū   ú   Ú   ù   Ù   ŭ   Ŭ   ǔ   Ǔ   û   Û   ü   Ü   ū̆   Ū̆         ź   Ź        

検索キーワード: アポーハ説 [SAT] アポーハ説 アポーハ說

検索対象: キーワード

-- 15 件ヒット
関連キーワード(共起数上位10件・括弧内数字は共起数/キーワード登場数。なお、このリストには検索語も含む):
アポーハ説 (15 / 15)  インド (12 / 19584)  アポーハ論 (11 / 52)  インド仏教 (8 / 7693)  仏教論理 (6 / 85)  仏教論理学 (6 / 435)  anyāpoha (3 / 12)  apoha説 (3 / 6)  apoha論 (3 / 8)  アポーハ (3 / 21)  [30件まで表示]
1
氏名 タイトル 媒体名 発行日 掲載頁詳細本文INBUDS IDCI
森山清徹カマラシーラの『中観光明論』とゲルク派のニ諦説の解釈仏教文化の基調と展開:石上善應教授古稀記念論文集 通号 1 2001-05-10 283-306(L)詳細IB00043979A
村上真完後期シャンカラ派における仏教理解印度哲学仏教学 通号 13 1998-10-30 60-79詳細IB00030240A-
神子上恵生Yuktidīpikāにおけるアポーハ説批判インド思想と仏教文化:今西順吉教授還暦記念論集 通号 13 1996-12-20 159-172(L)詳細IB00086390A-
赤松明彦Nyāya学派のapoha論批判印度学仏教学研究 通号 60 1982-03-31 106-111(L)詳細ありIB00005736A-
小川英世Jñānaśrīmitraのapoha論印度学仏教学研究 通号 58 1981-03-31 160-161詳細ありIB00005437A-
西村正志アポーハ説の問題性印度学仏教学研究 通号 58 1981-03-31 158-159詳細ありIB00005436A-
小野田俊蔵ldog-chosについて印度学仏教学研究 通号 57 1980-12-31 98-101(L)詳細ありIB00005373A-
宮崎啓作Stobs-bcu dpal bśes-gñenの不動決択と名づくる第二十品印度学仏教学研究 通号 56 1980-03-31 148-149詳細ありIB00005195A-
小野田俊蔵「ldog-pa」について印度学仏教学研究 通号 56 1980-03-31 146-147詳細ありIB00005194A-
赤松明彦Sāmānādhikaraṇyaの点から見たアポーハ論印度学仏教学研究 通号 53 1978-12-31 180-181詳細IB00004823A-
太田心海法称と寂護のアポーハ説印度学仏教学研究 通号 48 1976-03-31 164-167詳細ありIB00004203A-
山崎次彦クマーリラのアポーハ説批判(三)印度学仏教学研究 通号 27 1965-12-25 13-21詳細ありIB00002010A-
山崎次彦クマーリラのアポーハ説批判印度学仏教学研究 通号 26 1965-03-31 49-52詳細IB00001944A-
梶山雄一ラトナキールチのアポーハ論印度学仏教学研究 通号 15 1960-01-25 76-83詳細ありIB00001032A-
金倉円照法称の「離」と耆那教説仏教学の諸問題 通号 15 1935-06-01 746-763(R)詳細IB00055765A-
1
キーワード統計
表示情報提供元(PDF論文所在情報):CiNii & J-Stage